楽天モバイルを使うデメリット9選!適切な対処でリスクを減らそう

格安SIMは3大キャリア(docomo、au、Softbank)と比べて月々の携帯代を安く出来るので、とても魅力的に思えますが、実はキャリアではないが故のデメリットもあります。

今回は楽天モバイルに契約したけれど後悔してしまったという点をピックアップして、後悔しない為にはどうするべきかを、また契約前に知っておくべきポイントなどをまとめました。

楽天モバイルの契約を考えている方は是非参考にしてみてください。

デメリット①通信が集中する場所と時間帯がつながりにくい

楽天モバイルに限ったことではありませんが、格安SIMのほとんどが通信の集中する時間帯や場所においてはインターネットに繋がりにくいというデメリットがあります。

例えば人の沢山集まる都心であるとか、通信する人が集中するお昼の時間帯などが挙げられます。

ただし、その様な状況でも全くインターネット通信が出来なくなる訳ではありません。メッセージアプリくらいであれば問題なく使用することが可能でしょう。逆に動画の視聴などの十分な通信量を必要とするものはスムーズに行うことが難しいというのが現実です。

先にも述べた通り、これは楽天モバイルに限ったことではありません。大体の格安SIMが同じような状況です。沢山の人が集中する場所や時間帯にてスマホでインターネット通信を行う機会が多い方は後悔してしまう可能性があるでしょう。

自身のスマホ用途をしっかりと見据えた上で契約することをおすすめします。

デメリット②通話料金は割安にならない

格安SIMの基本料金は3大キャリアと比べると大幅に安いのですが、通話料はその限りではありません。

楽天モバイルでは通常30秒あたり20円の通話料がかかります。これはプランにもよりますが、3大キャリアの通話料と変わりません。基本料金が安いからと言って油断して通話していると請求額を見て後悔してしまうということになり兼ねません。

通話料はカケホーダイプランで抑えよう

そのような事態を防ぐ為に楽天モバイルではカケホーダイプランが用意されています。このプランを利用すれば5分以内の国内通話が無料になります。

ただし、楽天でんわというアプリを使用して電話をした場合か、相手電話番号の先頭に「003768」と付けた場合に限ります。

また、カケホーダイプランを利用しない場合でも楽天でんわを利用すれば10円/30秒で通話することが可能です。

デメリット③キャリアメールは利用できない

3大キャリアの時には使えていたキャリアメール(〇〇@docomo.ne.jpなど)が使えないことに注意が必要です。ガラケー相手とメールのやり取りを頻繁に行うという方はキャリアメールを重宝しているのではないでしょうか。

ただし、今はほとんどのSNSのやり取りが主になっており、メールアドレスが必要な場合もほとんどがフリーメールで代替が可能です。

楽天モバイル提供のメールサービスはあるが注意も必要

楽天モバイルで提供している楽天メールというメールアドレスを使用することも出来ますが、キャリアメール扱いではないのと、iosでは楽天メール専用のメールアプリが使えないというのが難点です。

フリーメールを使う際はメール設定に注意

GmailやY!メールなどのフリーメールを使うという手段もありますが、相手の受信設定によっては迷惑メール扱いになり、送ったメールが届かないなどという場合も考えられます。

その際は相手に自分のメールアドレスを受信可能に設定するよう頼むことで解決出来ます。

docomoメールは契約すれば使える

どうしてもキャリアメールが使いたいという方はdocomoでの申し込みが必要になりますが、docomoのメールを引き続き利用することが可能です。

docomoの回線を保有する料金743円と、SPモードというものを契約する料金300円が月々かかります。最低でも1,043円の月額料金がかかるということになります。

デメリット④APN設定はユーザー自身で行う必要あり

スマホにてモバイル通信を行う際に必要なAPN設定というものがあります。楽天モバイルに契約すると最初に、このAPN設定を自身で行う必要があります。APN設定はそれほど難しいものではありません。楽天モバイルの公式サイトにも手順が解説されていますので、それ通りに設定していけば上手くいくはずです。

ただし、APN設定時にはインターネット通信を行いますので、Wi-Fiを使用できる環境下でなければならないという注意点があります。

デメリット⑤楽天モバイルでiPhoneを利用する際の注意点

iPhoneを自身で用意して楽天モバイルにて利用する際には注意点がいくつかあります。現在使用しているiPhoneや、以前使っていたもの、または中古で購入して楽天モバイルで運用を考えている場合は参考にしてください。

iPhone4s以前の機種は使用不可

楽天モバイルではiPhone4s以前の機種は使用することが出来ません。iPhone5以降であれば問題なく動作すると楽天モバイルの公式サイトにて記載があります。

au/SoftbankのiPhoneを利用する場合の注意点

動作の確認がとれているiPhone5以降の機種でも、auとSoftbankのiPhoneについてはSIMロックを解除する必要があります。SIMロックとはそのキャリアでしか端末を使えないようにするというものです。

SIMロックは各キャリアにて解除が可能です。au、Softbankともにウェブ上で解除を申し込めば無料ですが、ショップにての解除は3,000円(税抜)の手数料が必要になります。

楽天モバイルで販売されているiPhoneの種類と特徴

実は楽天モバイルではiPhoneの販売もしています。ただし、現在販売しているのはiPhoneSE、iPhone6s、iPhone6s Plusのみです。

また、海外販売品をメーカー整備したものなので、日本で販売しているものとアプリや設定がことなる場合があります。

Androidのスマホも多数販売されているのでiPhoneにこだわらないという方は候補に入れてみても良いのではないでしょうか。

デメリット⑥各キャリアのポイントは貯まらない

3大キャリアには使った携帯代の分だけポイントが貯まるサービスがあります。docomoだとdポイント、auはauウォレット、SoftbankではTポイント。この貯まったポイントは月々の携帯代に当てたり、対象店舗などでのお買い物に当てたりすることが可能です。

楽天モバイルに乗り換えた場合、今紹介した3つのポイントが携帯代からは貯まらなくなります。契約する携帯会社が変わるので当然と言ったら当然なのですが、知らないで契約して後悔しないように覚えておいた方が良い点でしょう。

楽天モバイルは楽天スーパーポイントが貯まる

ただし、楽天モバイルでは使った携帯代の分、楽天スーパーポイントが貯まります。これは、他の格安スマホにはないメリットと言えるでしょう。

貯めたポイントは対象店舗での買い物や月々の携帯代に当てることが可能です。

デメリット⑦LINEのID検索機能ができない

LINEをよく使う方ですと、このデメリットは大きいかもしれません。

LINEの機能にID検索というものがあります。これは設定したIDを使って友だち追加したい相手を検索したり、逆に自分を検索してもらったりする機能です。

そして、LINEではこのID検索機能を使う際に年齢認証というものを設けています。この年齢認証は3大キャリアの契約をしていないと出来ないというのが現状です。つまり楽天モバイルではLINEのID検索機能は使えないのです。

ID検索機能を頻繁に利用していたという方は知らないで楽天モバイルに契約して後悔しないように覚えておいた方が良いポイントです。

QRコード・ふるふるを利用してデメリットに対応しよう

LINEではユーザーを検索する方法としてID検索の他にQRコードやふるふると言ったものも用意しています。ID検索が使えないからと言ってユーザーを検索することが出来なくなる訳ではありませんので安心しましょう。

デメリット⑧ショップが少なく来店サポートが難しい

スマホを使っていてどうしても分からないことがあると、そのキャリアのショップを訪ねるなんてこともあると思います。

楽天モバイルでは楽天モバイルショップを全国に配置していますが、その数はまだまだ十分とは言えません。地方に住んでいる方は近くにショップが無いということもあり得ます。サポートセンターも時間帯によっては電話が繋がりにくいというのが現状です。

楽天モバイル公式サイトに設置されているチャットサービスを利用したり、Q&Aを利用するなどして対策しましょう。

デメリット⑨楽天モバイル解約時に注意が必要

楽天モバイルではプランやキャンペーンによって最低利用期間というものが設定されていて、この期間内に解約をしてしまうと契約解除料が発生してしまいます。特に音声通話SIMを契約の場合は最低でも1年間の利用期間が設定されていて、期間内の解約は9,800円がかかりますので注意が必要です。

また、解約時の基本料金は月ごとの計算になります。解約締日は15日で、翌月末日に解約となります。日割り計算ではないので解約をする場合は15日を過ぎないように注意する必要があるでしょう。

まとめ

今回の記事では楽天モバイルを契約した際に後悔しやすいポイントをピックアップしてみました。

利用するシーンや自身がどのようにスマホを使うのか、というのが契約する上で非常に重要になってくるでしょう。

楽天モバイルを契約してみたは良いけれどこんなはずじゃなかった、ということにならない様に本記事を参考にしてみてください。

関連記事

楽天モバイルの注意事項って何?押さえておきたいチェックポイント