auから楽天モバイルにMNPするときに解約金はかかる?注意点はコレ!

通信費が安くなるといわれている格安SIMに関心のある方は多いのではないでしょうか。

お乗り換えにあたって、格安SIM会社の通信プランや料金についてわかっていても、現在ご契約中のキャリア解約にかかる解約金や解約する方法についても詳しく理解していますか?

現在お使いの番号をそのままご利用いただくためのMNP制度は、各キャリアによってお手続きが違ってきます。また、解約する時期によって解約金が高額になる場合もあるんですよ。通信費を安く抑えるたいのに、高額な解約金支払いは避けたいですよね。

こちらでは大手キャリアのauの解約金や解約方法・時期、MNPの転出方法についてご紹介させていただきます。ぜひ最後までお読みくださいね。

auのMNP転出方法を知りたい!~ご利用手順と注意点~

auを解約するには、お使いの番号が使えなくなる「解約」と他社へ番号をそのまま引き継いでお使いいただける「MNP」を利用した解約と2種類の解約方法があります。MNPを利用するメリットは、なんといっても新しい番号を登録している連絡先にお知らせせずにすむということですよね。そのような手間もないので、現在では一般的な解約方法としてご存知の方も多いでしょう。では、auでMNPを使って乗り換えるための手順をご説明しましょう。

まずは3つの方法でMNP予約番号をゲットしよう!

auからMNPを利用して他社へお乗り換えするにはまず「MNP予約番号」がなければ、他社で携帯番号を引き継げません。MNP予約番号は以下で発行が可能ですよ。

  • お近くのauショップまたはPiPit各店舗
  • カスタマーサポート:au携帯電話または一般固定電話共通:0077-75470(無料)

受付時間:9時から20時まで(年中無休で対応)

3.EZweb:auポータルトップよりMy auの「申し込む/変更する」へすすみ、「au携帯電話番号ポータビリティ―」へ

auショップはショップごとに営業時間が異なるので、事前に確認しておきましょう。また、カスタマーサポートも対応時間が朝9時から20時までと決まっていますが、年中無休で対応しているので平日お忙しい方はカスタマーサポートが便利ですよ。

カスタマーサポートでMNP予約番号を発行してもらう場合、ご契約者本人の確認をとっています。

ご契約時に決めた暗証番号や氏名、電話番号をスムーズに伝えられるようにしておきましょうね。ここでMNPや解約に関する重要事項の説明も行いますので、しっかりと聞いておきましょう。

MNP予約番号を取得したら有効期限に注意しよう!

MNP予約番号には「15日間」の有効期限があります。もし有効期限を過ぎても他社へ乗り換えをすませてない場合には、一度発行したMNP予約番号が消失します。そのため、発行後はすみやかに他社への新規お申し込みが必要なのでご注意くださいね。

カスタマーサポートでMNP予約番号を発行する場合、オペレーターからご解約理由を聞かれます。

素直に「通信料金が高い」とお話ししてもかまいませんが、その場合オペレーターによっては料金プランの見直し窓口の案内をされる方もいらっしゃいます。

お乗り換えを決意されているのなら解約の意思が揺らぐことはないはずですが、推しに弱いと感じる方はEZwebでのお手続きをおすすめします。

 

auからMNPするなら「2年縛り」を理解しよう

auを含む大手キャリアではご契約から2年以内に解約すると高額な解約金が発生するため、これが最低2年は利用しなければならない「2年縛り」と思っている方も多いでしょう。購入した端末代金を24回の分割払いにしている場合、「24カ月=2年間」となるので分割払いが終われば解約金は出ないと思いがちですが、端末の分割払いの残高は解約金とは関係ありません。auの2年縛りとは、料金プランのひとつ「誰でも割」の更新月と関係があるんです。

 

誰でも割更新月以外で解約した場合の解約金と注意点

auの2年縛りは「誰でも割」の更新月と関係があり、加入月から2年以内に解約すると解約金が発生します。そこで、更新月以外で解約した場合にかかる解約金や手数料まとめてみましたのでご覧ください。

2年契約(誰でも割) 1年契約(年割)
解約金 9,500円 3,000円
MNP転出手数料 3,000円 3,000円
転出先契約事務手数料 3,000円 3,000円
合計 15,500円 9,000円

 

MNP転出にかかる手数料や転出先で必要な契約事務手数料なども含めると、15,500円と高額な費用がかかるのがおかわりいただけますね。

auにご加入中は「毎月割」といって、端末代金の分割支払い分が毎月割引になっていたのがご解約により「毎月割」が適用されなくなります。そのため、端末代金が残っている場合、解約後も引き続き支払わなければならないんです。

もし、残高を一括でお支払いできるなら一括払いをしたほうがすっきりとお乗り換えできますね。

分割支払金残高の確認はカスタマーサポートまたはホームページよりauIDとパスワード入力後にご確認いただけますよ。気になる方は一度チェックしてみましょう。

 

解約金が発生しない新しい料金プラン「2年契約(自動更新なし)」ってなに?

2年以内に解約すると高額な解約金を支払わなければならなくなる…このような状況は多くの利用者から不満の声がありました。そこで、auは幅広いニーズに応えるために2016年6月1日より新しい料金プランとして「誰でも割ライト」が始まりました。

※現在では「2年契約(自動更新なし)」に名称は変更になっています。

「2年契約(自動更新なし)」は3年目以降、解約金9,500円が発生しない料金プランになります。

解約金が発生しない代わりに、月額基本料がこれまでの「誰でも割」よりも300円増えますが、2年以内に解約して他社へお乗り換えするなら、とってもお得なんですよ。

例えば…2年目で解約する場合、300円×24カ月=7,200円となります。これまでの解約金9,500円よりも安いですよね。この料金差が縮まるほどお得感はなくなるんです。

そうすると32カ月以上ご契約し続けている場合、解約金9,500円よりも料金差が上回るため、損をしてしまうことになります。

2016年6月1日から受け付けを開始しているので、2018年現在では損をしてしまう32カ月目の方はいらっしゃらないと思いますが、「2年契約(自動更新なし)」にお申し込みされた方は32カ月目を意識しておきましょうね。

 

実際に解約したらいくらかかるのかどこで教えてもらえるの?

ご契約後2年以内に解約した場合の解約金やMNP転出にかかる手数料、転出先でかかる契約事務手数料などはわかったけど端末代金や各キャンペーン割引など、一人ひとりご契約内容は違いますよね。実際に解約したらいくらになるのか、契約更新月はいつなのかすぐにおわかりになる方も少ないでしょう。解約金や契約更新月のお問い合わせは、以下の3か所でお聞きください。

  • カスタマーセンター
  • 近所のauショップ
  • ホームページの「auお客様サポート」で確認

MNP予約番号の取得する方法と同じになるので3か所の詳細はおおまかにご説明しましょうね。カスタマーセンターは総合案合番号の「157」に架けるとスムーズです。一般電話から架ける場合は「0077-7-111」へ架けてくださいね。

auショップでは対面で解約時の疑問やお悩みをご相談いただけます。週末や休日は混み合うため、あらかじめ来店予約をしておくかカスタマーサポートを利用したほうがいいでしょう。さらに多忙な方はスマホやパソコンから利用できる「auお客様サポート」からの確認がおすすめです。単純に契約更新月だけ知りたいなら「auお客様サポート」からの確認が速いですよ。

auからMNPを利用して格安SIMへ乗り換える前にやるべきことってなに?

auからMNPを利用してお乗り換えをする場合、事前にやっておくべきことが3つあるのでご紹介しましょう。

1.メールアドレスを変更する

2.アプリはGooglePlayストアからインストール

3.電子マネーを使い切る

これは利用者によっては不要である場合もありますが、普段意識していないサービスやアプリなどを確認したり、整理したりする意味でおこなうのがおすすめです。特に、1番の「@ezweb.co.jp」のキャリアメールアドレスをログインに使用していた場合、MNPの手続き後では変更ができなくなります。また、乗り換え後にauからダウンロードしたアプリが利用できなくなる場合があります。念のためにGooglePlayストアからよく利用するアプリをインストールしなおしておくと安心ですね。

そして3番の「電子マネーを使い切る」は、MNP転出先の格安SIM会社で端末とSIMをセットでご契約される方のみ必要なことです。乗り換え後の端末情報とFelicaチップの情報が異なるので、電子マネーの残高を引き継げないのです。そのため、ドコモ回線を使用している楽天モバイルへお乗り換えすると、チャージされている電子マネーがすべて消えてしまいますので、乗り換え前には電子マネーの残高をご確認し、使い切っておくようにしましょうね。

auからMNPするときの2つのトラブルと対処法

お乗り換え前にやるべきことはおわかりいただけましたね。では次に、auからMNPをご利用になるときによく聞かれる2つのトラブルと対処法をご紹介しましょう。

【auWALLETポイントの消失→Amazonギフトカードにチャージ】

auWALLETポイントは、解約したら当然お使いいただけませんし、解約金に充てられませんよ。結構まとまったポイントがあるのなら、解約後の有効期限10年の「Amazonギフトカード」に交換しましょう。MNP予約番号発行後、すぐに消えてしまうので、交換は発行前にすると覚えてくださいね。

【乗り換え後端末が楽天モバイルで使えない!→simロック解除をしよう】

格安SIMでお使いの端末をそのまま利用する方も多いですよね。しかし、ドコモ回線を使用している楽天モバイルなど異なる回線を使用している格安SIM会社ではそのままでは使えません。もし、異なる回線へお乗り換えするなら「SIMロック解除」をしましょう。しかし、au回線を使っていてもUQモバイルではSIMロック解除が必要な端末もあります。お使いの端末が利用可能かは、ホームページでご確認いただけます。またSIMロック解除はパソコン・スマホから「My au」へアクセスして手続きすると手数料は無料なのでおすすめですよ。

 

MNPを利用して解約しても大丈夫!~キャッシュバックやポイントプレゼントで得をしよう~

auからMNPを利用して乗り換えるために気にかけることが多すぎるんじゃないの?…とちょっとだけうんざりしてしまった方もいらっしゃいますよね。

解約金や手数料を気にせずにスパッと乗り換えたい!そんな方はすぐに乗り換えてしまいましょう!

実は、契約更新月を無視して解約金が発生してしまっても、後悔しない乗り換え方法があるんですよ。auを含め大手キャリアはもちろん、各格安SIM会社では新規ご契約者を確保するために、キャッシュバックや独自のポイントまたは、ギフト券のプレゼントなどさまざまなキャンペーンをおこなっています。

こうしたキャンペーンを活用すると、MNP転出手数料3,000円は実質無料になる場合もあるんですよ!

でもそれは乗り換え先の格安SIM会社によって受けられる恩恵は異なるので、お乗り換え予定の格安SIM会社のホームページをチェックしてみましょうね。

 

まとめ

これまでずっとauを使っていると、MNPのご利用方法はもちろん、乗り換え後のトラブルについても不安がありますよね。

こちらではこうした方々がスムーズにMNPを利用してお乗り換えいただけるように、auのMNPの転出方法や解約金、契約更新月についてご紹介させていただきました。

乗り換え前にやっておくべきことやMNP転出後のトラブル対処法なども参考にしていただきますと、よりスムーズにMNPを利用してお乗り換えができますよ。さらに、キャッシュバックやポイントプレゼントなどもチェックしておくと、解約金や手数料も気にせずにすむので安心ですね。こちらでご紹介した内容を参考に、ご自身にとってベストな方法を選んでお乗り換えください。

記事下CTA

CHECK

楽天モバイル
は業界トップクラスの安さを実現。豊富なラインアップだから、あなたに合った機種もきっと見つかります。



関連記事

楽天モバイルで端末のみを買う方法とは?注意点をご紹介します

楽天モバイルの審査基準や審査に落ちる理由、対策について解説します!

ドコモからのMVNOで知っておきたい知識!解約金はかかる?

NO IMAGE

楽天モバイルなら即日利用が可能!手続きの流れや必要書類も紹介

NO IMAGE

楽天モバイルへのMNP方法!ドコモ、au、ソフトバンクをそれぞれ解説

楽天モバイルの機種変更はどうやるの?賢く変更するコツと手順はコレ!