楽天モバイルってデザリングはできる?これだけは知っておこう!

みなさんはデザリングを利用していますか?

例えば複数スマホを所持していて、片方でデザリングモードをオンにしながらネットサーフィン、片方でデザリングモードの端末にwifi接続して動画を見る、というような使い方をしている方もいるのではないでしょうか。wifi専用端末を外出先でも利用できるためとても便利な機能です。

しかし格安SIMである楽天モバイルでのデザリングは可能なのでしょうか?

最近はどの格安SIMでもデザリングは使用可能ですが、何らかの条件が付いていることもあります。

楽天モバイルはどうなのか見ていきましょう。

そもそもテザリングって何?何ができるの?

デザリングとはネットにつながる端末をルータとして、ゲーム機や他のスマホをネット(wifi)接続して楽しむ機能のことです。前提として電波が入らないところでは使えません。デザリングを使うと、ルーターとなる端末はモバイルネットワーク接続(3G、LTEの接続)になるので容量にも注意が必要です。また、常にデザリング元の端末は電池を消費しているので、普段以上に充電には気を付ける必要があります。

デザリングにはいくつか種類があり、wifiデザリング、USBデザリング、Bluetoothデザリングの三種類があります。

デザリングといえばほとんどwifiデザリングを指します。モバイルネットワーク回線につながっている端末を介してネットにつなげるやり方で、上で書いているのもwifiデザリングです。

USBデザリングは、パソコンなど特定の機器とケーブルでつないでデザリングする方法で、有線接続なので安定した通信が可能ですがケーブルを使うので他のスマホやゲーム機では使えないのが難点です。

最後にBluetoothデザリングですが、これは最初のwifiデザリングのwifi部分がBiuetoothでの接続になり、速度が遅くなる代わりに消費電力が低いというのが特徴です。

接続可能台数もwifiデザリングは複数台可能ですが、他は1台となっています。

基本的にスマホやゲームで使用することが多いwifiデザリングを覚えておけば大丈夫です。

それでは実際に楽天モバイルはデザリングが可能なのでしょうか?

楽天モバイルはデザリング使用可能!

ご安心ください。楽天モバイルではしっかりとデザリングを利用することが出来ます。

しかしいくつか注意しなければならないところがあります。

まず、デザリングというのは機能の一つなので、この機能に対応していない場合は当然使用できません。これは端末の問題なので対応していない場合はあきらめるしかありません。

デザリングはキャリアによっては有償オプションの場合もありますが、楽天モバイルはオプションではなく使用する端末の機能としてなので料金はかかりません。なので使用したい端末がデザリングに対応しているのか、そちらをしっかりと確認するようにしましょう。

楽天モバイルの公式ホームページの動作確認端末のところに、デザリングが使用可能かどうか書いてあります。

そしてもう一つ、androidやiosのバージョンの確認も忘れないようにしましょう。アップデートを全くしていないと、無い機能があったりしますので気を付けましょう。

楽天モバイルのデザリングは、android機種かiPhoneかで気を付けることが変わってくるのでそれを細かくご紹介いたします。

android機種は、ドコモで購入した場合は不可、楽天モバイルで購入した場合は可能!

さて、まずはandroid機種ですが、ここで気を付けなければならないことはドコモで購入した端末では、デザリングが使用できない場合が多い、ということです。

楽天モバイルはドコモの回線を使用しているドコモ系列の格安SIMです。なのでドコモの端末であればSIMを入れるだけで電波も入りますし、電話も出来ます。しかしデザリングは出来ないことが多いです。

その理由を簡単に言ってしまいますと、楽天モバイルがデザリングに使うアクセスポイントにドコモ端末はつなげないためです。ただ、一応複雑な手順を踏めばデザリングを使用できる端末もあったり、そもそもドコモで購入したが楽天モバイルのアクセスポイントにつなげることの出来る端末も存在します。しかしいずれにしろ何かしらの設定が必要だったりします。なので楽天モバイル公式が使用不可としている以上、素直にあきらめたほうが良いかと思います。

それ以外のandroid端末、SIMフリーや楽天モバイルで販売している端末は間違いなくデザリングできますので安心してください。そして設定も簡単、というかほとんど必要ありません。デザリングをオンにして、ネット接続したい端末のwifi設定でデザリング元の端末を選択し、パスワードを入力するだけです。パスワードはデザリング元の端末のネットワーク設定のデザリングの項目で見ることが出来ます。そこで今つながっている端末の台数なども見ることが可能となっています。

iPhone系はドコモ系もSIMフリー端末もデザリング可能!

これは朗報ですね。今使っているのがiPhoneの方は何もせずデザリングが利用できます。

設定も簡単で、公式ホームページの通りに入力するだけの簡単な作業です。

しかしiPhone系も注意点がありまして、まずは対応機種です。

現在はiPhone5系からiPhone8系までが動作確認済み端末になります。ほかにもiPadで対応しているのもありますのでご確認ください。

次に注意するべき点はOSです。iosのバージョンアップをしたことのない人はあまりいないかもしれないので皆さんご存知とは思いますが、定期的にアップデートが配信され、セキュリティ強化や新機能追加などを行っています。このアップデートによって楽天モバイルの対応確認端末から外れてしまうことがありますのでこちらも注意が必要です。なのでOSアップデートは公式ホームページの動作確認端末の欄、確認OSバージョンの部分に最新OSが載ってから実行したほうが無難と言えます。

まとめ

いかがでしたでしょうか。Android端末のドコモで購入したものはデザリングできない。

とりあえず一番重要な部分はここかと思います。後はデザリング機能がついているか、楽天モバイル対応の端末かくらいに気を付けていれば失敗することも少ないでしょう。

ただ、便利な反面充電の消費や通信料には気を付けてください。スマホのネットサーフィンくらいならたくさん使用しても大した量にはなりませんが、例えば据え置きゲームのダウンロードやパソコンのアップデートなどをデザリングでやる場合は速度によってはとても時間がかかることに加えて、容量がすぐに無くなります。

どちらも数GB消費することも珍しくないので、3.1Gプランや5Gプラン、10Gプランでも心許ないくらいなので、もしそういった目的でデザリングを使おうと考えている場合は20Gなどの大容量プランも視野に入れたほうが良いでしょう。

記事下CTA

CHECK

楽天モバイル
は業界トップクラスの安さを実現。豊富なラインアップだから、あなたに合った機種もきっと見つかります。



関連記事

楽天モバイルの支払い締め日っていつ?遅れるとブラックリスト入り?

楽天モバイルのSIMサイズを変更する方法は?素早くお得に行う方法?

楽天モバイルで取り扱うタブレットのおすすめ5選

ドコモから楽天モバイルにMNPするときに解約金はかかる?注意点はコレ!

楽天モバイルが取り扱うonkyoブランドの特徴とは?音質に特徴あり!

楽天モバイルで料金確認をしたい時はどうすればいい?手順をご紹介します