格安スマホなのにお得に通話ができる!楽天でんわの使い方や特徴とは?

格安スマホのデメリットの一つとして通話料が高くなりがちという点がしばしば挙げられます。確かに、無料通話プランが充実しているキャリアと比べると、何の対策もしていないと格安スマホの通話料は20~30秒で20円と高額です。最近でこそ格安スマホにも無料通話プランが整備されつつありますが、IP電話アプリを利用する場合は音声が切れるといった問題もありストレスを感じることがあります。そこで今回は、格安スマホでも安く、しかも快適に通話ができる楽天モバイルの「楽天でんわ」について紹介します。

楽天グループが提供している「楽天でんわ」のサービス概要

格安スマホの楽天モバイルを運営している楽天グループが提供する通話アプリの「楽天でんわ」ですが、2016年11月28日にサービスを提供する会社が楽天コミュニケーションズ株式会社から楽天株式会社に変更されました。それに合わせて名称も「楽天でんわ by 楽天モバイル」に変わっていますが、今回の記事では「楽天でんわ」として紹介しています。

皆さんはスマホを使って通話されるとき、通常の通話アプリ以外を使ったことはありますでしょうか?実は、デフォルトでインストールされている通話アプリ以外にも、自分で好きな通話アプリを使うことも可能なのです。「楽天でんわ」もそんな通話アプリの一つで、通話を安く、しかも快適に楽しむことができます。格安スマホの通話料金は一般的に30秒で20円ですが、「楽天でんわ」アプリを使うことで30秒で10円と通話料金が半額になります。半額になるということはそれだけ通話の音質が悪いのでは?とお考えになる方もいるかもしれません。

確かに、似たようなサービスにIP電話アプリがあり、こちらも通話料金を安くできるサービスです。しかし、IP電話というのはインターネット回線を利用した通話方法なので、データ量を消費してしまうだけでなく通話の音声がプツプツと途切れて聞こえることがあります。いくら安く使えるといっても、通話の品質自体が悪いとなると意味がありませんよね。ですが、「楽天でんわ」は通常の電話回線を利用したアプリなので通話の品質もキャリアと同等なのです。

では、どうして通常の電話回線を使っているのに「楽天でんわ」は安く通話をすることができるのでしょうか?実は、「楽天でんわ」アプリを利用して通話をすると相手先の電話番号に独自の番号が追加されます。この番号を「プレフィックス番号」というのですが、この番号があると通話が楽天株式会社の電話回線を経由して行われるようになるので、電話料金を半分負担してもらえるというイメージが分かりやすいかと思います。もちろん、あくまで楽天株式会社の電話回線を経由するというだけなので、通話の内容が漏れたり通話の品質が悪くなったりするということはありませんので、安心して大丈夫です。

「楽天でんわ」のメリット、デメリットを紹介します

「楽天でんわ」のメリットはなんと言っても通話を安く、しかも快適に使えることなのですが、他にも国際電話が安いことや契約中の電話番号が相手に通知されることがあります。通常の電話アプリと同じような感覚で使えるので、誰でも簡単に使うことができます。楽天会員であれば100円で1ポイントが貯まるというのも魅力的ですね。

一方、デメリットとしては格安スマホの通話SIMでないと使えないことや、格安SIMと「楽天でんわ」の請求先が分かれてしまうことが挙げられます。ほかにも、緊急通報などが少し面倒であったり、通話オプションが豊富なタイプの格安スマホと比べるとサービスに見劣りする点があることもデメリットといえるかもしれません。

「楽天でんわ」には他にも便利な機能があります

また、「楽天でんわ」は通話アプリとして便利な機能があります。それは、電話帳をグループ分け出来ることです。ガラケーやフィーチャーフォンを愛用していた方でしたら電話帳のグループ分けを自然と行っていらっしゃっていたかと思います。しかし、現在iPhoneを利用している方の場合は電話帳のグループ分けをiCloudから行う必要があるため、少々不便です。そんな問題も、「楽天でんわ」を使えば解決します。アプリのメニューから「電話帳のグループ分け」を行うことで自分の好みのグループを編集できるので、電話を掛けたい相手先を便利に探せるようになります。

「楽天でんわ」アプリの使い方を解説します

今回紹介している「楽天でんわ」は誰にでも使えるアプリなのですが、アプリをダウンロードしてすぐに使えるという訳ではありません。「楽天でんわ」を使って通話をするためには事前に公式サイトから利用登録を行う必要があります。申し込み用のフォームから利用者の個人情報と、支払いのためにクレジット情報を登録するだけで簡単な手続きなのですが、「アプリをダウンロードしたのに電話ができない…」とお悩みになることのないように気をつけましょう。

「楽天でんわ」アプリ自体の使い方はとても簡単です。電話をかけるだけなら通常の通話アプリと同じようにダイヤルパッドの操作や電話帳から電話を掛けたい相手を探してタップすることで通話をすることができます。先ほど紹介したプレフィックス番号の設定は外すことが可能なので、もともと無料で通話できる相手に電話を掛ける場合は外しておきましょう。そうしないと、別の電話番号からの通話として処理され「楽天でんわ」の30秒で10円という通話料金がかかってしまいます。

まとめ

いかがでしたでしょうか?今回は、「楽天でんわ」の紹介をさせていただきました。通常の通話アプリなら30秒で20円という通話料金がかかる所を半額の30秒で10円で済むのですから利用しない手はありませんよね。安いだけでなく通話の品質もキャリアの電話回線と同等で、しかも電話帳をグループ分けできる機能があるのもおすすめできるポイントです。楽天モバイル以外の格安スマホを使っている方でも利用できるので、とりあえずアプリをダウンロードして利用を検討してみてはいかがでしょうか?

記事下CTA

CHECK

楽天モバイル
は業界トップクラスの安さを実現。豊富なラインアップだから、あなたに合った機種もきっと見つかります。



関連記事

楽天モバイルの申し込みは店舗とネットどっちが便利?それぞれを分析!

楽天モバイルを使う時の必須アプリはコレ!うまく使いこなそう

wimaxで快適に楽天モバイルの格安スマホを使う方法、紹介します

楽天モバイルの通信制限の制度や解除のタイミングとは?低速の対処法も!

楽天モバイルならポイントの利用でさらにお得に!使い道や使い方紹介

NO IMAGE

楽天モバイルのエントリーパッケージは損する?知っておきたい注意点