楽天モバイルの審査基準や審査に落ちる理由、対策について解説します!

楽天モバイルなどの格安スマホにもキャリアと同様申し込み時に審査があります。せっかく使いたい業者が決まっても審査に落ちてしまう可能性があると申し込むのを考え直したくなってしまいますよね。

格安スマホの業者によって審査が厳しい所と審査が甘い所がありますが、楽天モバイルの審査基準はどうなのでしょうか?今回の記事では楽天モバイルの審査に落ちる理由や、審査に落ちないようにするための対策も合わせて解説していきます。

楽天モバイルの審査の基準はどちらかというと甘め!

楽天モバイルの公式サイトでもハッキリと審査の基準が公開されている訳ではなく、「当社所定の契約者審査基準に合致しなかった場合」と書かれているだけなのですが、ネット上の口コミなどを見ると楽天モバイルの審査の基準は甘めといわれています。

キャリアや他の格安スマホで審査落ちした経験のある人でも楽天モバイルなら契約できたという声もあるので、契約のハードルはどちらかといえば低いといえるでしょう。

とはいえ、楽天モバイルの契約に審査自体がないのかというと、そういう訳でもないようです。なぜなら、審査の基準が甘い楽天モバイルでも審査に落ちている方や、審査の過程で楽天モバイルから契約内容について確認の連絡が来ることもあるそうです。それでは、次に楽天モバイルの審査に落ちる理由をみていきましょう。

楽天モバイルの審査に落ちてしまう理由とは?

審査の基準が甘いといわれる楽天モバイルでもいくつかの理由で落ちることがあるそうです。ここでは、楽天モバイルで落ちる理由について解説していきます。

楽天モバイルの審査に落ちる理由1:入力した情報が間違っている

楽天モバイルに申し込む際には申し込み者の現住所が確認できる書類を提出する必要があります。この書類と申し込み時に入力した住所に食い違いがあると、居住状況が確認できないという理由で審査を落とされてしまいます。他にも生年月日や氏名といった個人情報が間違っていると審査を通過しないことが報告されています。

楽天モバイルの審査に落ちる理由2:契約する回線の数が多い

楽天モバイルでは最大で1名義あたり5回線までの契約を認めています。これは裏を返せば、それ以上の回線を契約しようとしても審査で落とされてしまうということです。

通常の使用であれば1回線で充分ですし、家族とシェアするために自分の名義で家族の分も回線を契約するという場合も5回線あればほとんどの場合で事足りるでしょう。そのため、この理由については通常はあまり気にする必要はありません。

楽天モバイルの審査に落ちる理由3:過去にトラブルを起こしている

過去にスマホの契約についてのトラブルや、現在進行形で携帯事業者への料金未納などがあると楽天モバイルに申し込もうとしても審査の段階で拒否されてしまうようです。

最近でこそあまり耳にしませんが、かつてキャリアと契約してスマホ本体を受け取り、すぐに解約することでいくらかの違約金を払ってスマホを安く手に入れられるという手法が流行しました。それ以来、携帯事業者との契約でブラックリストに載ると新規の契約ができなくなるようになりました。

キャリアと格安スマホがこのブラックリストを共有しているかどうかは定かではありませんが、他に思い当たる理由がないのに楽天モバイルの審査に落とされてしまった場合は自分がブラックリストに入っていることを疑ってみるとよいかもしれません。

楽天モバイルの審査に落ちる理由4:MNPの手続きに不備がある

こちらはキャリアや他の格安スマホからMNPの制度を利用して楽天モバイルに乗り換える方が対象となるのですが、MNPの手続きに不備がある場合も楽天モバイルの審査を落とされてしまいます。

MNPの転入元との名義の不一致や、MNP予約番号の有効期限が10日以下だと期間内に手続きが終わらない可能性があるので契約を拒否されてしまいます。MNP予約番号に期限があることは意外と知られていないため、注意しましょう。

楽天モバイルの審査に落ちないための対策を解説

ここからは楽天モバイルの審査に落ちないための対策を解説しますが、基本的には審査に落とされる理由の逆のことをすれば良いでしょう。

まず、申し込み時に間違った情報を入力しないよう注意する必要があります。自分の氏名や連絡先を間違ってしまう方は少ないでしょうが、郵便番号やアパートの部屋番号をうっかり間違ってしまうことはよくあります。入力した情報を送信する前にもう一度ミスがないか確認しておきましょう。

次に、現在使っているスマホの料金をまだ支払っていない場合はMNPで楽天モバイルに乗り換える前に必ず支払っておきましょう。今月分までの料金が支払い済みであるかの情報は楽天モバイル側でも調べられるので、隠していてもバレてしまいます。新規で楽天モバイルに申し込む場合よりMNPで乗り換える方が確認事項が多いので、注意が必要です。

まとめ

いかがでしたでしょうか?今回は、楽天モバイルの審査の基準や落とされる理由、そして審査に落ちないための対策を解説させていただきました。

格安スマホの業者によって審査の基準は異なりますが、手続きの不備や料金の未納によって落とされるのは各社の共通事項なので、覚えておいて損はありません。これらの基本さえ抑えておけば基本的には楽天モバイルの審査に落ちることはありませんので、安心して申し込んでくださいね。

記事下CTA

CHECK

楽天モバイル
は業界トップクラスの安さを実現。豊富なラインアップだから、あなたに合った機種もきっと見つかります。



関連記事

楽天モバイルで端末のみを買う方法とは?注意点をご紹介します

NO IMAGE

楽天モバイルなら即日利用が可能!手続きの流れや必要書類も紹介

auから楽天モバイルにMNPするときに解約金はかかる?注意点はコレ!

ドコモからのMVNOで知っておきたい知識!解約金はかかる?

楽天モバイルとauの料金を比較!乗り換える方法は?

NO IMAGE

楽天モバイルへのMNP方法!ドコモ、au、ソフトバンクをそれぞれ解説