楽天モバイルの電波の品質はどう?速度の違いや周波数をご紹介!

ドコモやソフトバンクといったキャリアと比べて大幅に通信費を節約できるということで最近、格安スマホが注目を集めています。しかし、いくら通信費を安くできるといっても電波の品質が悪くてスピードが全然出なかったり、そもそも繋がらなかったりするのではないかと心配の方もいるかと思います。

そこで今回は、格安スマホの楽天モバイルの電波は大丈夫なのかということを調べてみました。電波の品質というのはスピードや繋がりやすさ以外にも、取り扱っている周波数についても知っておく必要があるので、合わせて紹介しています。

格安スマホの楽天モバイルの品質はキャリアと同等!

格安スマホの回線の品質を知る上では、格安スマホのサービス自体がどのように提供されているかを知ることが重要です。

実は、格安スマホの回線はもともとはキャリアが使っていた回線なのです。というのも、キャリアは自身でも携帯事業者としてサービスを提供する一方で、回線の貸し出しも行っています。格安スマホはキャリアの回線を必要な分だけ借りているため、サービスを安く提供することができます。そして、格安スマホの料金の安さの秘訣はそれだけではありません。

格安スマホはキャリアと比べて実店舗を最小限しか設置しないことによって人件費などの費用を抑えています。キャリアの料金がどうしても高くなってしまうのは、携帯事業者のサービス以外にも店舗の運営費や広告料、カスタマーサポートの充実によってコストがかかっているからなのです。

格安スマホはこういったサポートがキャリアと比べて手薄にはなってしまうのですが、実際の所スマホを使っていてサポートのお世話になる機会というのはそれほど無いのではないでしょうか?格安スマホはある程度スマホを使い慣れている方であれば問題なく使えるので、キャリアほどのサポートは必要ではないという方にはおすすめです。

さて、回線の話に戻りますが、楽天モバイルなどの格安スマホの料金が安いのは、店舗の運営やサポートにかかる費用を抑えているからということを解説しました。しかし、肝心の回線についてはキャリアから借りているため、その品質もキャリアと同等といえます。

では、キャリアと同じスピードが出るのかというとそうではありません。繋がりやすさ自体にはそれほど差はないのですが、スピードを比べるとどうしても差が出てしまいます。その具体的な数値の違いとスピードに差が出る理由を次に紹介したいと思います。

楽天モバイルのスピードをドコモと比較してみました

格安スマホを使う上でどれぐらいのスピードが出るのかというのは皆さんも気になっているのではないでしょうか。スマホの回線スピードを計測する上で重要なのは、回線が空いている時間帯と回線が混雑している時間帯の両方を知っておくことです。

深夜の時間帯と、お昼や夕方ちではどうしてもスピードに差が出てしまうのですが、回線が混雑している時間帯でもある程度のスピードが出ないと使っていてストレスを感じる原因になってしまいます。楽天モバイルの実力はいかほどなのでしょうか?

楽天モバイルはドコモから回線を借りているので、スピードの理論値は「下り最大262.5Mbps、上り最大50Mbps」でドコモと同じです。

ウェブで楽天モバイルのスピードを実測しているデータをまとめると、平均すると7Mbpsから15Mbpsという数値が出ています。理論値と比べるとかなり差がありますが、この数値であれば通常の使用ではほとんどストレスがかかりません。

それでは、時間帯別の数字(下りの数値)を見てみましょう。

朝10時に計測したところ7.1Mbpsというスピードを記録し、お昼の12時には2.7Mbpsまで数値が低下しています。お昼の12時というのは学生や会社員がお昼休みになって一斉にスマホを利用するため回線が混雑する時間帯です。

一般的には2Mbpsあれば問題なくネットを使えるレベルではありますが、やはりある程度は数値が落ちてしまうのは仕方がないようです。

さて、次にドコモの数値(下り)を見てみましょう。ドコモが公開しているデータでは回線が混雑している時間帯で97Mbps、回線が空いている時間帯なら162Mbpsと、「下り最大262.5Mbps、上り最大50Mbps」という理論値には及びませんが楽天モバイルと比べるとかなりのスピードが出ていることが分かります。

スマホでこれほどの高速回線が必要な場面というのも多くはありませんが、やはり回線の品質にこだわる方でしたらキャリアを使いたいというのも頷ける数値です。

楽天モバイルなどの格安スマホとドコモとで同じ回線を使っているにも関わらず、これほどの差が出てしまう原因とは何でしょうか?それは、日本全国に充分な数の基地局などの回線設備を整備することで帯域に余裕があるドコモと比べて、契約しているユーザー数に合わせて設備投資を行う格安スマホとではどうしても回線のスピードに差が出てきます。

楽天モバイルも今後、サービスの拡大に合わせて回線設備に投資するとは思いますが、やはりある程度の限界があると考えておくとよいでしょう。

楽天モバイルの周波数はドコモと共通です!

それでは最後に、楽天モバイルの周波数について解説しておきます。格安スマホの周波数は大きく分けて「ドコモ系」、「au系」、「ソフトバンク系」の3つです。

これは格安スマホがどのキャリアから回線を借りているかによって決まるのですが、楽天モバイルは先ほども紹介した通りドコモから回線を借りている「ドコモ系」の格安スマホということになります。これは、キャリアから格安スマホに乗り換える場合や、キャリアの中古のスマホをリサイクルショップなどで購入して格安スマホで使う場合に必要な情報です。

キャリアで購入したスマホには「キャリアロック」というものがかかっていて、一定の期間が経過した上でロック解除の手続きを行わなければ他のキャリアや、別のタイプの格安スマホでは使えなくなっています。

例を挙げれば、ソフトバンクで購入したiPhoneをそのままでは「ドコモ系」の楽天モバイルに乗り換えて使うことはできないということです。格安スマホのほとんどは「ドコモ系」なので、分からない方はとりあえずドコモで販売されているスマホを用意すれば良いのですが、SIMフリーのスマホを購入しても良いでしょう。

SIMフリーのスマホというのは「ドコモ系」、「au系」、「ソフトバンク系」を問わずに使えるスマホで、最近人気が出ているタイプのスマホです。海外ではSIMフリーのスマホが最も一般的になっています。

「周波数と言われても難しくて分からない!」という方は楽天モバイルの公式ホームページで公開されている「動作確認済み端末」の一覧から使いたいと考えているスマホを探しましょう。

また、新規契約の場合は楽天モバイルでお得な端末セット契約でSIMと端末を同時に購入すれば動作するかどうかを心配しなくても良くなります。

まとめ

いかがでしたでしょうか?今回は、楽天モバイルの電波の品質やスピード、周波数について解説しました。楽天モバイルは格安スマホ全体でも平均的なスピードですが、料金的にはかなり優れているのでコストパフォーマンスの良い格安スマホといえます。

周波数が分からないという方も楽天モバイルならお得なセット販売で端末が買えるので、初心者の方にはおすすめの格安スマホですよ。お好みの端末やプランを選んで、お得に格安スマホを始めてくださいね。

記事下CTA

CHECK

楽天モバイル
は業界トップクラスの安さを実現。豊富なラインアップだから、あなたに合った機種もきっと見つかります。



関連記事

楽天がキャリア事業に参入決定!開始はいつ?参入で市場はどうなる?

楽天モバイルが買収したフリーテルとは?今後はどう展開する?

楽天モバイルとゼロsimを徹底比較!料金は速度はどっちがおすすめ?

楽天モバイルの取り扱い端末レビュー!HUAWEI MediaPad M3の評判や...

楽天モバイルとビッグローブを比較!安く便利に使えるのはどっち?

NO IMAGE

楽天モバイルで購入できる国産スマートフォン製造メーカーSHARPの特徴とは?