HUAWEI E5577の評判とは?楽天モバイルおすすめ端末紹介

楽天モバイルの最新モバイルルータ「HUAWEI E5577」は、2017年の4月7日に発売したばかりのルータです。税込10,584円で利用できるルータとしては、非常に高性能で人気が高まってきているルータとなります。しかし、楽天モバイルのHUAWEI E5577は、どんな仕様と特徴になっているのでしょうか?楽天モバイルのHUAWEI E5577のメリット・デメリットを押さえて、モバイルルータとして取り入れてみてはいかがでしょうか?

HUAWEI E5577を利用するのに向いている人・向いていない人、使用者のレビューもご紹介するので、参考にしてみてください。今回は楽天モバイルのHUAWEI E5577についてご紹介していきます。

楽天モバイル HUAWEI E5577の仕様と特徴

楽天モバイル HUAWEI E5577は、楽天モバイルの最新モバイルルータです。楽天モバイルのHUAWEI E5577の仕様と特徴を見ていきましょう。

  • 発売日:2017年4月7日
  • カラー:ホワイト
  • 一括払い:10,584円(税込)
  • 通信速度:Wi-Fi下り最大300Mbps、上り最大50Mbps
  • Wi-Fi通信時間:12時間
  • 同時接続台数:Wi-Fi接続10台※USB接続1台
  • バッテリー容量:3000mAh
  • SIMカードスロット:標準SIMカード
  • SDカードスロット:micro SDカード※最大32GB

回線エリアが豊富で海外旅行にも使える!

データ通信速度は下り最大300Mbps、上り最大50Mbpsの高速通信に対応しています。ドコモ回線を利用しているので、幅広いエリアで対応しています。世界中の通信方式GSMに互換性があるので、海外SIMのモバイルルータとしても使いやすいでしょう。海外旅行に持ち歩けば、プリペイドSIMと組み合わせられるので、利便性が高くておすすめです。さらに、3000mAhのバッテリーとしても使用可能で、OTGケーブルを使えばスマホ・タブレットの充電に使えて便利ですよね。

HUAWEI E5577はクレジットカードサイズなので、コンパクトに持ち運べるのも嬉しいポイントです。モバイルルータとしてはもちろん、モバイルバッテリーとして使えるので、アウトドアに持ち運んでみてはいかがでしょうか?

SNSの送受信に対応している!

楽天モバイル HUAWEI E5577は、SNSの送受信に対応しています。これにより、LINEやメルカリ、Gmail、DropboxなどのSNS認証に使えます。スマホを用意しなくても、モバイルルータでSNSが利用できるのはメリットですよね。SNSの送受信機能を利用する場合は、パスワードが要求されますので、不正利用できないのも重要なポイントです。1万円台のモバイルルータとしては、十分過ぎる機能が備わっているモバイルルータと言えるでしょう。

また、スマホには不正利用防止のために、SIMカードが抜かれると端末ロック機能が付いているスマホもあります。違うSIMカードを差し込んでもロックは解除されず、パスワードを入力するか、SMS・メールを受信して、解除コードを入力する必要があります。HUAWEI E5577ならSMSの送受信ができるので、ロック解除にも使いやすいですよね。SMSの送受信ができるモバイルルータは少ないので、HUAWEI E5577を利用してみてください。

HUAWEI HiLinkを使えばスマホとデータ共有ができる!

HUAWEI E5577専用アプリのHUAWEI HiLinkを使えば、スマホから通信料やバッテリー、ネットワーク状態を確認できます。HUAWEI HiLinkをインストールした端末同士なら、SDカードのデータを共有できるのは魅力的です。HUAWEI E5577に使用できるmicroSDカードは32GBまでなので、データ量の限界は考えておきましょう。通信できるデータ量には限界がありますので、microSDカードの容量を考えておくことが大切です。また、microSDカードスロットがあるので、スマホのバックアップ用ストレージとしても使えるところが魅力的でしょう。スマホの容量が多いときには、バックアップ用として使ってみるのもおすすめです。

楽天モバイル HUAWEI E5577の購入をおすすめできるのはこんな人!

楽天モバイル HUAWEI E5577は、Wi-Fiを繋げるモバイルルータとしては足りない機能はないと口コミで評判です。ルータだけではなく、モバイルバッテリーとして使える点も魅力的ですよね。1万円台のルータなので、格安SIMのルータに使いやすい金額になっています。モバイルルータを低価格で抑えたい人にぴったりではないでしょうか?WiMAXのルータやポケットWi-Fiなどは、契約にもよりますが、4万円から6万円と高額になる可能性が高いです。

金額を比較してみると非常に格安なルータということがわかりますよね。楽天モバイル HUAWEI E5577は12時間バッテリーが持ちますので、外出先で仕事を行う人のルータやモバイルバッテリーとして使いやすいでしょう。楽天モバイルのドコモ回線エリア内で通信する分には、利便性が高いルータなので、楽天モバイルSIMを利用する人にはぴったりです。さらに、外出先でノートPCやタブレットを利用する人や、容量の大きいデータのダウンロードを行う人に、特におすすめのルータとなっています。

楽天モバイル HUAWEI E5577のデメリットや注意点、おすすめできない人

楽天モバイル HUAWEI E5577のデメリットとしては、SIMスロットが標準サイズ対応なところです。最近では標準SIMカードスロットを使用しているスマホはほとんどないので、楽天モバイル HUAWEI E5577専用の標準SIMを契約する必要があります。もしくは、現在利用しているnanoSIMやmicroSIMカードに、SIMカード変換アダプタを使う必要があるでしょう。頻繁にSIMカードを入れ替える可能性がある人は、SIMカード変換アダプタを利用することをおすすめします。

また、1万円台のルータとしては高性能ですが、より高性能なモバイルルータを利用したい人には向いていないでしょう。楽天モバイル以外の機種と平行して使う場合や、高速通信を行いたいのなら、HUAWEI E5577はおすすめしにくいです。

楽天モバイルなら格安で人気機種が購入できる!

楽天モバイルなら複数の端末を同時購入する場合、端末保障プランを付けることができるでしょう。水没や破損はもちろんのこと、全損や故障した場合でも、月額540円で交換・修理対応をしてくれます。また、楽天モバイルの月額基本料金は、以下のようになっています。

データSIM

  • ベーシックプラン:525円
  • 1GBプラン:900円
  • 5GBプラン:1,450円
  • 10GBプラン:2,260円
  • 20GBプラン:4,050円
  • 30GBプラン:5,450円

通話SIM

  • ベーシックプラン:1,250円
  • 1GBプラン:1,600円
  • 5GBプラン:2,150円
  • 10GBプラン:2,960円
  • 20GBプラン:4,750円
  • 30GBプラン:6,150円

格安SIMとモバイルルータをセット購入することで、別々に用意する必要がなくなるのはメリットと言えるでしょう。また、楽天モバイルで端末とSIMカードを同時申し込みすれば、「HUAWEI nova lite」「arrows M04」などの人気機種が、割引になる冬トクキャンペーンが行われています。対象機種を契約するときに、スーパーホーダイプランにすれば機種代が最安0円になるので、ぜひ検討してみてはいかがでしょうか?

さらに、スーパーホーダイ新規契約をすれば、プランに関わらず初月の基本料金が1,980円(税別)になります。データ2GBの基本料金で最大14GBのプランを使えるので、契約してみてください。2ヶ月目以降は、6GBのプランMなら2,980円(税別)、14GBのプランLなら4,980円(税別)がかかってしまいます。しかし、手数料なしでプラン変更ができますので、1日~25日までの間にプラン変更をしておきましょう。

キャンペーンを利用すれば、利用料金を大幅に押さえることが可能ですので、HUAWEI E5577を検討している人におすすめです。HUAWEI E5577を使う予定のない人も、格安で端末とSIMカードを申し込みできるので、プランの検討をしてみてはいかがでしょうか?

楽天モバイル HUAWEI E5577の口コミやレビュー

楽天モバイルHUAWEI E5577は、口コミやレビューでどの様な評価を受けているのでしょうか?メリットとデメリット別にそれぞれのレビューを確認していきましょう。メリットの代表的なレビューは以下の通りです。

  • シンプルなデザインでかっこいい
  • 1万円台のルータとしては高性能でコスパが良い
  • SMSの送受信が意外と便利

楽天モバイルHUAWEI E5577は金額と性能を考えると、非常にコスパが良くて使いやすいモバイルルータと口コミでも評判です。コンパクトでデザイン性が良いことから、持ち運びしやすいところも人気が高いです。また、モバイルバッテリーとしても使えるので、外出先でも使いやすいところはレビューでも評価されていました。1万円のモバイルルータとしては非常に高性能なので、モバイルルータを低価格で押さえたい人にぴったりですよね。

さらに、WIMAX端末でも使いやすいところが評価されているようです。メリットとして上げていなかった部分だと、HUAWEI E5577を起動してから、使えるまでの時間が早いことがレビューに挙げられていました。ANPの初期設定は、SIMを刺してダウンロードするだけなので、手軽に行えるようになっています。初期設定が必要なモバイルルータは多いので、メリットの一つと言えるでしょう。

デメリットの代表的なレビューは以下の通りです。

  • 標準SIMカードスロットしか使えない
  • TD-LTEに対応していない
  • 11acに対応していない

あまり多くのデメリットレビューはありませんでしたが、標準SIMカードしか使えないのはレビューでも多く挙げられていました。最近では標準SIMカードが使われることは少ないので、デメリットと言われても仕方ないでしょう。また、対応バンドに関するレビューも多々あり、au回線の格安SIMは非対応バンドが多く使いにくいです。11ac非対応なので、Wi-Fi接続の5GHz帯の高速通信が使えないところもデメリットとなっています。しかし、モバイルルータは2.4GHzが使えれば問題ないので、大きなデメリットとは言えないでしょう。総合的に見ると批判的なレビューも少なく、使いやすいモバイルルータと言えるのではないでしょうか?

まとめ

今回は楽天モバイルのHUAWEI E5577についてご紹介させて頂きました。楽天モバイルのHUAWEI E5577は、Wi-Fi接続用のモバイルルータとして使いやすいです。1万円台のルータとしては非常に高性能で、格安でモバイルルータを使いたい人にぴったりなルータです。モバイルバッテリーとしても使えるので、外出先でノートPC、タブレットを利用する人にも使いやすいでしょう。

しかし、標準SIMカードしか使えませんし、高性能のルータを使いたい人にはおすすめしにくいです。楽天モバイル意外の端末機種で利用したい人は、あまり選ぶべきではないでしょう。

メリット・デメリットがはっきりとしているので、HUAWEI E5577の購入を検討している人は、今回の記事を参考にしてみてください。

記事下CTA

CHECK

楽天モバイル
は業界トップクラスの安さを実現。豊富なラインアップだから、あなたに合った機種もきっと見つかります。



関連記事

楽天モバイル購入できるHUAWEI P10 Plusの評判や特徴を紹介!

楽天モバイルでガラケーは使える?対応端末の評判やメリットを解説します

楽天モバイルとDMMモバイルを徹底比較!メリットや評判はどっちがいい?

楽天モバイルの購入できるルーターの使い勝手はどう?評判や利点を解説します

楽天モバイルでacerの端末は購入できる?端末の特徴や使い方について

楽天モバイルの取り扱い端末レビュー!HUAWEI MediaPad M3の評判や...