楽天モバイルの「AQUOS SH-M04」の仕様や特徴は?

「格安SIM」が一般的になるとともに、「SIMフリー」のスマホ端末が注目を浴びるようになってきました。少し前まではSIMフリー端末の多くが海外製で、国産端末に慣れ親しんだユーザーにとっては、どのメーカーや端末を選べばいいかわからない状況が続いてきました。しかし最近になり、国産スマホメーカーからもSIMフリー端末が徐々に登場し始めました。その一つがこの「AQUOS SH-M04」です。

テレビでは有名なブランドの「AQUOS」の名前を持つSHARP製のこの端末は、従来の国産端末の良さを受け継ぎならがら、スマホの最先端トレンドを反映した期待の新モデルです。では一体、どのような特徴やスペックを持っているのでしょうか。

シャープ製「AQUOS SH-M04」の仕様と特徴

まずは「AQUOS SH-M04」の仕様と特徴について説明していきます。仕様の中でも特に気になるのは、バッテリーの持ちやカメラの機能でしょう。どんなに高性能な端末でもバッテリーの消費が早ければ、外出先で気軽に利用することができませんからね。また、近ごろは「インスタ映え」という言葉があるように、スマホで撮影した写真をSNSにアップする人は多いので、キレイに撮影できるカメラが付いた端末の方が好まれます。それでは「AQUOS SH-M04」はどうなのかを見ていきましょう。

電池持ちもバッチリなSHARPならではのIGOZ液晶を採用

AQUOSブランドのスマホで一番特徴的なのが、この「IGZO」液晶と言えるでしょう。SHARPオリジナルの技術で世界初の量産化に成功した「人工の参加半導体」を採用したディスプレイは、画質の向上とともに消費電力を大幅に抑えるというのが特徴となっています。平たく言えば「より綺麗で、電池持ちが良くなる」のが、このIGZO液晶なのです。

最近のスマホディスプレは「有機EL」がトレンドとなっていますが、AQUOS SH-M04はそれに劣ることのない最先端のIGZOを採用しているわけです。「有機ELではないのか…」とガッカリする必要はありません。画質がキレイだと電池持ちが気になりますが、AQUOS SH-M04ではその心配はないと言えるでしょう。

ガラケー時代から評判の高いカメラ機能

SHARPの端末を選ぶ人の理由の多くは、そのカメラ機能にあるのではないでしょうか。ガラケー時代からSHARP端末のカメラには定評があり、ファンが多いのも事実です。このAQUOS SH-M04の場合、フラッグシップモデルというわけではないので、トップレベルのカメラ性能を持っているわけではありませんが、同じ価格帯のモデルのなかではSHARPらしい写真のクオリティが継承されています。

1,310万画素のアウトカメラこそ標準レンズですが、最近ではより重視されているインカメラはワイドレンズを採用しているので、背景もしっかりと写りこませる自分撮りが可能です。もちろん一眼レフには劣りますが、SNSにアップするには全く問題ないレベルのカメラと言えるでしょう。

AQUOS SH-M04はこんな人におススメ

ということで国産メーカーSHARPから登場したこのAQUOS SH-M04は、どんな人におすすめできるのでしょうか。まずはやはり、慣れない海外端末ではなく慣れ親しんだ、あるいは信頼できる国産メーカーの端末を使いたいという方が、その代表と言えるでしょう。

 

 

あるいは、今まで格安SIMでなくキャリアの回線を利用していた人も、同様に国産端末を使っていた方も多いはずですから、そのような方にもオススメとなります。

国産端末の痒い所に手が届く機能が欲しい人

国産端末の一番大きな特徴が、「おサイフケータイ」機能ではないでしょうか。国内独自の規格である「FeliCa」は、海外製の端末では使うことができませんでした。しかしこのAQUOS SH-M04は、おサイフケータイに対応していますので、楽天Edy、モバイルSuica、QUICPay(クイックペイ)、モバイルWAONなどの電子マネーをスマホで利用でるというのが大きなメリットです。

さらにアプリの切り替えやオートスクロールなどの痒い所に手が届く様々な独自機能や、人工知能を使ったアシスタント「エモパー」が必要に応じて話しかけてくれたり、あるいは通話時に相手によって光のディスプレイが変化する「光エモーション」機能など、国産端末ならではの細やかな仕様が満載されています。

大きすぎる端末に嫌気がさしているなら5インチ液晶をおすすめ

AQUOS SH-M04は、IGZOの5インチディスプレイを採用しています。最近のスマホトレンドは、海外ユーザーの声を反映して液晶がどんどん巨大化していますが、日本人の手のサイズにフィットするサイズは、実はこの5インチ前後だと言われています。新しい端末に変えてディスプレイが大きくなり、その結果画面の端をタップできずに使いにくくなったという声も良く聞くようになりました。

AQUOS SH-M04はIGZOならではの高精細ディスプレイで、5インチの画面内に十分な情報を表示させたり、あるいは美しい動画を見ることができたりしながら、操作しやすいジャストフィットサイズの大きさにとどまっていますので、サイズの大きすぎが不満な方にはオススメです。

防水・防塵機能でタフネスに使いたい人にもオススメ

さらに国産端末が優れている機能の一つに「防水・防塵機能」があります。海外メーカーではまだ標準にはなっていないスマホの防水機能ですが、ガラケー時代から防水のニーズに応えてきた国産メーカーですから、その性能は折り紙つきです。

ちなみにスペックは防水(IPX5/8)と、防塵(IP6X)となっていますので、スマホの防水・防塵機能としてはトップクラスということができるでしょう。職場でスマホを携帯している人、特に現場系の人は水や塵・ホコリがスマホに付着してしまう可能性は高いです。ビジネスマンだけでなく、そのような現場系の仕事の人でも安心して持てるのが、このAQUOS SH-M04の魅力の一つと言えるのではないでしょうか。

AQUOS SH-M04のデメリットとおすすめできない人

さてその一方で、Android端末としてはまだ世界的な標準となっていないSHARPのスマホ端末ですから、いくつかのデメリットもあります。さらに、このAQUOS SH-M04は位置付けとしてSHARP端末の中でフラッグシップモデルという位置にはなく、どちらかといえばミドルからローレンジを狙った端末となっていますので、必要以上に性能を期待することは酷といえます。そのような要因を考えた場合、この端末どのような人にはオススメできないのでしょうか。

ハイスペックのフラッグシップモデルが欲しいなら海外端末を

まずはスペックだけを見ると、ハイエンドモデルにはかなわないというのが現実です。CPUやグラフィック性能を要求するヘビーな3Dゲームや、動画や写真の加工を頻繁に、高速で行いたいのであれば、海外製の価格の高いハイエンドモデルをオススメします。

AQUOS SH-M04のCPUは「Qualcomm® Snapdragon 430(MSM8937)オクタコア 1.4GHz(クアッドコア)+1.1GHz(クアッドコア)」です。これは比較的新しいCPUで、必要十分な性能を持っているチップですが、ハイエンドモデルはには当然ですがかないません。

具体的に言えば、ハイエンドモデルに搭載されているCPUと、性能比較アプリを使って比較してみると、ハイエンドモデルのCPUの数値が場合よってはSnapdragon 430より数倍高速だというケースもあるようです。ただしこういった比較をするためのベンチマークテストの数値が、そのまま実際の仕様時の数値となるわけでなく、3Dゲームなどで必要以上の負荷をかけたときにだけ違いがわかる、というのが現実です。AQUOS SH-M04はそこまでハードな処理はせず、日常的にスマートなスマホの使い方をするユーザーが使用するというのが理想的でしょう。

5インチ液晶モデルのバッテリー持ちはやや不安が残る

最近のスマホは大画面化に伴い、バッテリー容量を巨大化させることで電池持ちを長くしています。AQUOS SH-M04は前述の通り独自のディスプレイIGZOで省電力化をすることで電池持ちを良くしていますが、それでも5インチのボディーに搭載できるバッテリーのサイズは限られますので、標準的な2,700mAhとなっています。

液晶の省電力により同じ容量の他のモデルと比較すれば長時間の仕様が期待できますが、海外製の大容量バッテリー搭載モデルと比較すると、連続仕様時間は短くなってしまうのは仕方がありません。外出先でガンガン使いたいという方は、やはりバッテリー容量の大きなモデルを選択するのが賢明でしょう。

背景ぼかしのできる最新のカメラ機能には非対応

国内では人気の高かったSHARP製のカメラですが、スマホ全体のカメラ性能のトレンドとしては、「HDR」や「ポートレートモード」などといった新しい機能がどんどん登場しています。特に特殊なレンズを背面に2つ装備し、「ワイドレンズ」での撮影や「背景ぼかし」ができる最新の海外モデルと比較してしまうと、AQUOS SH-M04のカメラ性能はあくまで「標準的なレベルを超えてはいない」といえます。

日常的な写真を自然な感じで撮りたいのであればAQUOS SH-M04でも十分ですが、スマホのトレンドに沿った新しい表現にチャレンジしたいのであれば、高機能なカメラ機能を謳うモデルをチョイスしたほうがよさそうです。

AQUOS SH-M04の購入価格と口コミやレビュー

このように、様々なメリット・デメリットがあるAQUOS SH-M04ですが、実際に利用している人の口コミやレビューはどうなのでしょうか。色々と細かい機能や特徴があっても、実際に利用してみないと使用感は分からないというのが正直なところでしょうから、購入を検討している人は口コミやレビューを参考にしておきましょう。また、購入価格についても購入前に知っておきたい項目のはずです。今回は楽天モバイルでの購入価格をご紹介しますので、こちらも参考にしてみてはいかがでしょうか。

AQUOS SH-M04の口コミやレビューはどう?

AQUOS SH-M04の口コミやレビューを下記にまとめました。

  • サイズが大きすぎず持ちやすい
  • バッテリーが長持ちする
  • 雑音もなく通話品質も良い
  • 薄くて軽いので持ちやすい
  • 電源ボタンと音量ボタンの位置が逆なので間違える
  • デザインもシンプルで良い

口コミを見ていきますと、サイズやデザインに満足している人が多く、通話品質にも特に大きな問題もないようです。気になるバッテリーですが、普通に使う分にはそこまで気にならず、長持ちすると感じている人も多いので安心できます。一つ気になったのは、電源ボタンと音量ボタンの配置でした。通常の配置と逆なので、押し間違いが多いと答えている人が多かったですが、こちらは慣れれば解消できるレベルの問題と言えるでしょう。

楽天モバイルなら特別価格で購入可能

ではこのAQUOS SH-M04、いくらで購入出来るのでしょうか。楽天モバイルで契約すれば、端末価格は一括払いで29 ,800円(税別)となります。(キャンペーン中であれば23 ,900円 キャンペーン期間は公式サイトでご確認ください)

ちなみに楽天モバイルなら分割払いも可能となり、その際は24回払いで1,341円/月です。(同じようにキャンペーン期間は1,075円/月)さらに、スーパーホーダイで3年契約すれば、端末が0円となりさらに6,200ポイントがプレゼントされるキャンペーンも実施されていますので、要チェックです。

それなりのスペックを持つ端末だと、5万円前後は必要なのではと考える人も多いと思いますが、3万円程度で購入できるのもAQUOS SH-M04の嬉しいポイントです。

まとめ

近ごろはハイスペックな海外製のスマホ端末もたくさんありますが、やはり日本人の使い方にぴったりフィットしているのは国産の端末と言えます。特にこのAQUOS SH-M04は価格も約3万とリーズナブルにも関わらず、機能やカメラ、バッテリーの持ちも申し分ありませんから、非常におすすめな端末です。

画面のサイズも大きければ良いというものでもなく、文字の打ちやすさや持ち運びのしやすさを重視した方が使い勝手も良いですから、やはりAQUOS SH-M04の5インチ程度がベストでしょう。

とは言っても、スマホに求める機能は人それぞれですから、まずは自分がどんな機能が欲しいのか、そしてどんな使い心地を求めるのかを頭で整理しておきましょう。そしてその基準に合う端末を選ぶと、違和感なく使うことができるはずです。

記事下CTA

CHECK

楽天モバイル
は業界トップクラスの安さを実現。豊富なラインアップだから、あなたに合った機種もきっと見つかります。



関連記事

NO IMAGE

楽天モバイルで購入できる国産スマートフォン製造メーカーSHARPの特徴とは?

楽天モバイル購入できるHUAWEI P10 Plusの評判や特徴を紹介!

楽天モバイルとIIJmioを徹底比較!

楽天モバイルの取り扱い端末レビュー!HUAWEI MediaPad M3の評判や...

楽天モバイルとイオンモバイルを徹底比較!料金やサービス、評判はどっちがいい?

楽天モバイルでacerの端末は購入できる?端末の特徴や使い方について