楽天モバイルの通話品質ってどう?楽天でんわとviberも比較してみた!

楽天モバイルはドコモ回線を借り受けた格安SIMですが、通話品質が実際どうなのかは気になるところでしょう。通信が不安定で雑音が多い、地下に入ると通話ができないなどの問題があっては、通話をしたい時にいつでも利用できるとは言えませんからね。

ただし、楽天モバイルで通話する場合には専用のアプリを使う必要があります。そして、楽天モバイルユーザーの中で特に利用されているのが「楽天でんわ」と「Viber」です。

ここでは、それぞれの通話品質と評判についてご紹介します。

通話品質を確かめる前に知っておきたい二種類ある回線のコト

楽天でんわとViberの通話品質について知る前に、二種類ある通話回線についてご紹介します。これを知っておくと、楽天モバイルとViberの違いがよく分かりますからね。

まず、現代の通話は大きく「電話回線」と「インターネット回線」の二種類に分かれます。電話回線は以前から使われていた通話形式で、通話専用の回線を使って音声のやりとりを行っています。また、携帯電話も一見無線でやり取りしているように見えますが、実は有線ケーブルを経由して音声をつなげています。これに対してインターネット回線は、その名の通りインターネット回線を経由して通話を行っています。最近は「050」番号が増えてきましたが、インターネット回線を利用している場合はこの番号になります。

インターネット回線の場合、音声をデータ化し、データとして音声を相手に届けています。

インターネットがうまくつながらない、遅くてイライラするという経験はおそらく誰もが持っているのではないかと思いますが、インターネット回線で電話する時には少なからずこの影響を受けてしまいます。IP電話は音質が悪いと言われるのはここに原因があります。ただし、インターネット回線、つまりパケット通信ですから、定額制の料金プランに入っていれば実質的に無料でやり取りができるというのが大きな強みです。

楽天でんわの通話品質はどう?口コミや評判は?

さて、それでは楽天でんわのアプリはどうかというと、実は電話回線を使っています。そのため、通話品質は通常の電話と同じ質を確保しています。ですから、通話音質が悪い、声がこもったり割れてしまったりということはほとんどありません。

さらに電話番号はそのままで通話料が半額になるだけでなく、楽天モバイルの「スーパーカケホ」に契約している人がこのアプリを利用すれば、国内通話は5分以内なら無料でかけ放題になります。

この為、楽天モバイルのユーザーにとって楽天でんわは非常に人気が高い通話アプリとなっています。

楽天でんわの口コミや評判をご紹介!

実際に使ってみてどうなのかというのは気になるところでしょう。そこで楽天でんわを利用している人の口コミを下記にまとめてみました。

  • 特別な操作も不要で普通の電話と同じように使える
  • 電話料金が高い格安SIMには必須
  • 途中で途切れることなく普通の電話と変わらない
  • 不在着信からそのままかけ直せない
  • 電話帳に登録していない番号はかけにくい

口コミを見ても通話品質は特に問題はなく、普通の電話と同じように利用できると回答している人が多い傾向にあります。もちろん、山間部等に入ってしまうとこの限りでありませんが、それはキャリアの通話でも同じこと。その意味でも、楽天でんわであればキャリアと同じような間隔で通話機能を利用できると言えそうです。

また、格安SIMは通常の電話料金が大手キャリアより高いことが多いので、楽天モバイルユーザー以外の格安SIMユーザーにも多く利用されているほど、楽天でんわは重宝されています。

ただし、専用アプリから発信しないと料金の割引が適用されないので、ネットに記載されている電話番号をタップしてそのままかけることはできません。一手間かかる場合もありますが、電話の機能自体には問題がないので、高評価なアプリだと言えます。

Viberの通話品質はどう?口コミや評判は?

電話料金を節約するアプリには、楽天でんわ以外に「Viber(バイバー)」があります。Viberは楽天が運営しているアプリで、電話とメッセージが無料で使え、月額使用料なども一切かかりません。楽天モバイルのスーパーカケホは、楽天でんわを使っての5分以内の電話なら無料ですが、5分以上かけたい時にこのViberを利用している人もいます。

ではViberはどちらの回線を使っているのかというと、こちらはインターネット回線を利用しています。そのため、通話品質の安定性という点においては、どうしても楽天でんわに比べると落ちますが、それでも品質はしっかりと確保されています。

そもそもViberを使う場合は、楽天モバイルで専用SIMの契約を行って利用する人が多いのですが、運営元が推奨しているアプリですから、それが使えないとなると信用問題にもなりかねません。ですから、しっかりと通話できるという質を確保したうえで商品化しているのです。ビジネス利用となると少し不安がありますが、プライベート利用であれば全く問題がないと思ってもよいでしょう。

LINEのように相手もViberアプリをインストールしているのが条件になりますが、電話も高品質でスタンプも利用できるので、楽天でんわとViber両方をインストールしている人も多くいます。

LINEほどの認知度はありませんが、楽天モバイルユーザーの多くに利用されているアプリなので、今後より使いやすいアプリになっていくと予想できそうです。

Viberの口コミや評判をご紹介!

さて、Viberについても、実際に利用した人の口コミを調べてみましたのでご覧下さい。

  • 動作が軽くて使いやすい
  • 音質が良く海外からの電話でも問題ない
  • 通話にタイムラグがある時も
  • 通話中に切れることがほとんどない
  • チャットの通知が不要

こちらも楽天でんわと同様、通話品質に大きな問題はなく、海外からかけてきた場合でも快適に話ができるとの口コミがあるので安心です。LINEと比較する人が多いのですが、グループ機能やタイムラインなどの通話以外の機能では少しもの足りなさを感じる人がいます。しかし、電話アプリとして見ればそこまで大きな問題でもないでしょう。たまに通話でタイムラグがあるようですので、できるだけ電波状況の良い場所で利用した方が良いかも知れませんが、友達との雑談程度ならそこまでシビアになる必要もないです。

楽天モバイルで使うならどっち?楽天でんわとviberを比較

楽天でんわとviberについての評判と口コミを調べてみましたが、2つを比較してみても通話品質には大きな差はありませんでした。大手キャリアの電話と比べても特にこれといって問題はないので、通話料金を節約したい人は楽天モバイルの契約と同時に2つのアプリをインストールしておくのがよいでしょう。

楽天でんわとviberを比較してみて、どちらが使いやすいのかと言いますと、使いやすさに関してはどちらも同じぐらいです。5分以内の会話ならどちらでもOKですし、5分以上ならviberを使うというように使い分けると電話料金が節約できます。

ただし、viberは相手がアプリをインストールしているのが条件なので、かけたい相手に登録をしてもらうのが手間かも知れません。そのような手間を惜しまなければ、通話時間の長さで使い分けるのが良いです。

まとめ

仕事でよく電話を利用する人にとって、通話品質はネット回線の安定よりも重要な項目かも知れません。しかし、楽天でんわなら友達追加などの手間もありませんので、ビジネスシーンでも格安に通話が利用できます。プライベートな電話ならviberを使えば何時間でも無料で電話できますし、メッセージ機能も使えるので、乗り換え時にLINEの代わりとしてインストールしても良いかもしれません。ただしviberの場合はネット回線を利用するので、データ通信料には注意しておきましょう。

格安SIMは通話品質が悪いと思っている人もいますが、近頃は快適に利用できるようにいろいろと工夫されています。楽天モバイルは通話品質も良く、上手く利用すれば通話料を節約できるので、乗り換えた際にはぜひ「楽天でんわ」と「viber」をインストールしておきましょう。

記事下CTA

CHECK

楽天モバイル
は業界トップクラスの安さを実現。豊富なラインアップだから、あなたに合った機種もきっと見つかります。



関連記事

楽天モバイルでガラケーは使える?対応端末の評判やメリットを解説します

楽天モバイルの端末レビュー!HUAWEI P10 liteの評判や使い勝手をご紹...

楽天モバイルの端末レビュー!ASUS ZenPad10(Z300CNL)の評判は...

NO IMAGE

楽天モバイルで購入できるHuawei honor9のスペックとは?これはすごい!

楽天モバイルとビッグローブを比較!安く便利に使えるのはどっち?

楽天モバイルとゼロsimを徹底比較!料金は速度はどっちがおすすめ?