HUAWEI Mate 10 Proのスペックや評判を大紹介!おすすめの人はこんな人

 

楽天モバイルでも購入が可能な人気シリーズといえば、huaweiのハイエンドモデルmetaシリーズです。

その最新作、HUAWI Mate 10 Proに関して、その特徴や仕様、メリットデメリットなど現在まで報告されている情報をもとにご説明していきたいと思います。購入の際のご参考になれば幸いです。

まずは細かな仕様から見ていきましょう。

HUAWEI Mate 10 Proの仕様と特徴

発売日は2017年12月1日でカラーはミッドナイトブルーとチタニウムグレーの二種類を用意しています。また、液晶は6.0インチで有機ELディスプレイを使用、Osはandroid 8.0 Oreoに対応しています。

発売から一か月ほどにも関わらず、大手レビューサイトである価格.comでiphone xなどと並び、4位の人気、レビュー数を誇っています。数多くの話題にブログや、IT系メディアでも取り上げられるなど今最も話題のスマホの一つです。

それでは仕様の一つ一つの特徴を詳しく見ていきましょう。

カラーはミッドナイトブルーとチタニウムグレーの2種類

カラーは2種類になります。ミッドナイトブルー、チタニウムグレーです。Huawei mate 10 proはメタルボディです。その良さを生かしたカラーリングになっています。落ち着いた印象で、仕事などのフォーマルな場面から、普段使いまで問題なく使用が可能になっています。

液晶は大型の6.0インチで美しい曲面デザイン

有機ELの液晶を採用しています。大きさは6.0インチとほかのスマートフォンに比べて大型のものを採用しています。画質は非常に優れています。液晶が大きいのですが、独自の曲面デザイン、徹底したサイズダウン化によって使いやすさを実現しています。

Androidの最新OSである 8.0 Oreoに対応

OSはAndroid端末です。2018年1月時点での最新OSであるAndroid8.0Oreoが最初からインストールされています。厳密にはAndroid 8.1 oreo and go aditionが最も新しいのですが、マイナーチェンジしたものです。そこまで大きな違いはありません。

世界発AIチップkirinを搭載したCPU

Huawei mate10 proに搭載されているCPUは現在非常に話題になっています。それがなぜかというと、kirin970というAIチップを搭載したものだからです。これまでのスマートフォン関連のAIというと、クラウドサービスなどを利用し、ネットへの接続が必要でした。IphoneのSiriなんかがまさにそうです。ですが、このmate10proでは初めから端末内にAIが搭載されており、端末内でAIの自己学習、最適化作業を行うことが可能になっています。

まだ、最新の技術ということで、実際のところユーザーからの効果を具体的に体感したという声はすくないですが、Huaweiの公式の発表によれば、この最適化作業によって、電力効率が20%向上、従来のCPUの約5倍の高速処理を実現したとのことです。また、huaweiのこのAIは写真の部分にも対応していてい、顔認証や、とった写真の最適化も行うことが可能とのことです。写真に力を入れる、huaweiならではと言え、今後の発展が楽しみな技術です。

安いノートパソコンを凌駕する大容量メモリ

メモリは処理に必要なRAMは6GB、容量は128GBになっています。ちょっとしたノートパソコンよりも高スペックです。他のハイエンド機種と比べても遜色のないものです。キーボードなんかを用意すれば、簡単な作業であれば、もうパソコンも必要ないかもしれません。

3日間充電しなくても平気?4000mahの大容量バッテリーで高速充電にも対応

バッテリーは最近のハイエンド機種ではおなじみ、4000mahの大容量です。非常に持ちがよく、レビューを参考にすると、ゲームを毎日数時間行うなどのハードな使用状況でも一日持つ、情報を調べる程度の使用状況であれば、3日は持つという驚異的な報告が多いです。この辺りは、kirinの影響もあるかとは思いますが、大容量による部分も大きいでしょう。また、もちろん高速充電も可能です。

Wifi は5.0ghz帯に対応

Wifiでも最も高速通信が可能な5.0ghz帯に対応しています。SIMフリースマホでは意外と対応していないものが多いです。ですが、さすがはハイエンド機種、対応しています。

Nikonやcanonと並ぶカメラブランドのライカレンズを利用したカメラ

カメラはCPUと並んでhuaweiのスマホが最も力を入れている部分の一つです。Nikonやcanonと並ぶ、カメラブランドの一つである、leica(ライカ)と共同開発したレンズを搭載しています。細かいズーム、手振れ補正、光源調整など本格的なカメラに勝るとも劣らない性能を持っています。ほかのハイエンドスマホと比べると一日の長がある部分です。レンズは1200万画素、2000万画素のダブルレンズを採用しています。単純な性能だけで言えば、本格的な一眼レフカメラに勝るとも劣らずという高性能です。

趣味で本格的にカメラをやるというわけでなければ、このスマホがあればもう別にカメラを持つ必要はないといえるでしょう。

Huawei mate 10 proの購入をおすすめできるのはこんな人!

ここまではHuawei mate 10 proのスペックをご紹介してまいりましたが、具体的には以下のような人におススメできる機種といえます。

  • インスタグラムなど、写真主体のSNSのユーザー
  • スマホのヘビーユーザー
  • Iphoneなど他者ハイエンド機種からの乗り換えを検討している

一つ一つ、紹介していきます。

インスタグラムなどを利用している人

これらの人にもおすすめできます。理由はやはりカメラにあります。単純に高性能なのですが、ライカとの共同開発により、独特の味のある写真などプロ顔負けの幅の広いタイプの写真の撮影が可能になっています。単純にきれいな写真だけでなく、ほかの人とは一味違ったいい写真を撮ることも可能になっています。

スマホのヘビーユーザー

ゲームを頻繁にする、動画を見るなど、ヘビーユーザーの方にもお勧めできます。ハイエンドモデルということもあり、とにかく高性能です。モバイルPCと比べても遜色のないレベルです。どんな作業でもほとんど問題なく、快適にすることができます。ちなみにゲームに関しては、このhuawei mate10 proなんとほとんどすべてのゲームに対応しかも、ゲームが逆にスペックを生かしきれないという、恐ろしいレベルです。近い将来、スマホでPS4やゲーミングPCでないとできなかったゲームが気軽にできるようになる日も来るかもしれません。

iphoneなどからの乗り換えを検討している

こんな方にもおすすめです。Huawei mate10 proは確かに高額です。ですが、他社のハイエンドモデルと比べると非常にコストパフォーマンスが高いです。Iphone x であれば、ROMが64GBの端末が12万円台からです。CPUなど肝心な性能はほとんど同じで、違いといえばデザインくらいです。それに、huaweiは最新の技術やカメラに力を言れるなどの特徴を持っています。まだシェア数第3位に甘んじていますが、今後、低価格帯、高価格帯ともに新たなスタンダードの一つになるようなメーカーです。乗り換えを検討されている方にも非常におすすめです。

デメリット、注意点、購入をおすすめできない人

実際のところ、大きな不具合も報告されておらず、大きなデメリットは現状、このhuawei mate 10 proにはありません。一つ言えるとすれば、問題なのはmicroSDスロットがないということです。128GBの容量以上に本体容量を拡張することができません。昨今、スマホであれば、icloudなどクラウドドライブを利用するのが一般的になっています。普通に利用する分には問題ありません。ですが頻繁に写真を撮る、動画や画像のダウンロードをするなんていう場合であれば、多少不便になる場合があります。またもう一つ、あえて言うならば、おすすめできない人はいます。なぜかというと、やはりハイエンドモデルということで、スマホの使い方によってはオーバースペックになってしまう場合があります。やはりハイエンドモデル、高額です。機能を生かし切ることができずお金が無駄になる場合があります。

とりあえず、スマホという方にはおすすめできません。

特に、Simフリーということで2台目の利用という方、とりあえず通信ができればいいというような方には全くお勧めできません。Huaweiでもnovaシリーズなどもう少し性能を抑え価格をお安くしたモデルもあり、そちらの方がおすすめです。

カメラはあんまり、という人にもおすすめできません。

カメラをあまり使わない、あるいは別にカメラを持っているという方にもあまりお勧めはできません。2種類のカメラ非常に高性能ですが、使わない人にとってはオーバースペックです。またちゃんとした一眼レフカメラなどを持っている方にとっては性能的に中途半端な部分もあり、あまりおすすめはできません。

HuaweiであればHonorシリーズであれば、カメラの性能を多少抑えつつも、高性能を維持しているモデルですので、こういった方たちにおすすめできます。ただ、instagramやブログなどウェブでの使用という用途であれば、十分な性能を発揮するモデルです。状況に応じて使い分けるという方法もありでしょう。

楽天モバイルで実現できるメリットとは?

さて、こんなHUAWEI Mate 10 Pro楽天モバイルで契約する際のメリットを見ていきましょう。

まずは、契約による、代金の減額です。3年契約では約20000円、2年契約では、10000円の減額が可能になっています。

また、月々500円利用料金に加え支払う必要がありますが、破損などの保障にも対応しています。壊れても安心なのです。本体代金が高額なだけに安心です。

また、乗り換えの際には楽天ポイントへの交換も可能になっています。この場合普通に下取りを行った際よりもいくらか金額が加算されるようになっています。

楽天ポイントは食品から、雑貨までなんでも売っている、楽天が提供するネットショッピングサイト楽天市場で1ポイント1円から使えるポイントです。買い物ができたりするんですね。

また、この楽天ポイントが多さに応じて、ランクが設定されており、最高位のダイヤモンドランクであれば、携帯の月額料金が500円減額されます。これを機会に目指してみるのもいいですね。

HUAWEI Aate 10 Pro の口コミ、レビュー

では最後に、これまでに報告された、HUAWEI Mate 10 Proの口コミをいい点悪い点に分けてみていきましょう。

よい評価の口コミやレビュー

  • とにかく写真がきれい
  • 背面のデザインのおかげでもちやすい
  • 音楽プレーヤーとしても使えるようになった
  • バッテリーが長持ち

主にこういったものが見られます。個人的には音楽プレーヤーとしても使えるというのが大きいです。やはり、もとから音楽プレーヤーを開発販売していた、Apple Sonyの製品はこの部分で一日の長があり、やはり、それ以外のメーカーではその部分で弱みがありました。ですが、そこもクリアしているということになります。おそるべし、huawei。

次に悪い点を見ていきましょう。

悪い評価の口コミやレビュー

  • レスポンスが悪い
  • メニューの項目が多くわかりづらい
  • イヤフォンジャックがない

レスポンスが悪いという部分に関しては今後まだどうなるかわからない部分です。というのも、悪いという方と同等以上にレスポンスがいい、と評価を下す方がいるからです。今後のソフトのアップデートによって多少状況は変わってくるでしょう。

メニュー項目に関してはハイエンド機種の宿命ともいえます。項目が多く、どれをどのように使っていいかわからないという方が多いです。慣れるまでには少し時間が必要でしょう。

また、イヤホンジャックがないということを悪い点として挙げる方も多かったです。確かに昨今のスマホの趨勢として、bluetooth対応、コンパクト化、という流れがあります。ですが、こと音質に関してはケーブルのものの方が依然としていいのも事実で、音楽好きの方は少し悩みを抱えているようです。

まとめ

今回は、今話題のスマホHuawei mate 10 proの細かな仕様からメリットデメリットまで多角的にお伝えしました。このスマホがハイエンド機種の名に恥じない、高性能であり、コストパフォーマンスが高い機種であることがわかってもらえたかと思います。

スマホ選びの参考になれば幸いです。

記事下CTA

CHECK

楽天モバイル
は業界トップクラスの安さを実現。豊富なラインアップだから、あなたに合った機種もきっと見つかります。



関連記事

楽天モバイルの通話品質ってどう?楽天でんわとviberも比較してみた!

Aterm MR05LNの評判とは?楽天モバイルおすすめ端末紹介

NO IMAGE

楽天モバイルで購入できる格安ASUSの歴史とおすすめシリーズとは

楽天モバイルでacerの端末は購入できる?端末の特徴や使い方について

楽天がキャリア事業に参入決定!開始はいつ?参入で市場はどうなる?

楽天モバイルを使うならWiFi byエコネクトがお得!速度や使い方を解説します