楽天モバイルの端末レビュー!ZTE BLADE E02の評判や特徴をご紹介します

今回の記事では中国のスマホメーカーZTE BLADE E02をご紹介します。低価格帯から高価格帯の機種まで幅広く手掛ける、同社ローエンドモデル最新作です。この記事では前機種E01から比べどのような点が変わったかなど細かいを含め、お伝えします。単に褒めちぎるだけではなく、デメリットなども合わせてご紹介していきますので、ご購入をお考えの方の参考になるかと思います。

ZTE BLADE E02の仕様と特徴

まずは細かいスペックを見ていきましょう。以下のようになっています。
スペック

  • CPU Snapdragon 210
  • 外側カメラ 約800万画素
  • 内側カメラ 約500万画素
  • ディスプレイ 約0インチ
  • HD(1,280×720)
  • RAM 2GB
  • ROM 16GB
  • SDカード(最大) 256GB
  • SIMスロット nanoSIM×2
  • 通信方式 LTE:B1/3/8/19/26/28/41
  • W-CDMA:B1/6/8/19
  • 電池容量 2,400mAh
  • 連続通話(LTE) 約1,020分
  • 連続待受(LTE) 480時間
  • 高さ×幅×厚さ 約144×71×8.4(mm)
  • 重量 約135g

発売日は2017年9月25日です。楽天モバイルでの販売価格は

  • 一括払い 16800円(税別)
  • 分割(24回) 756円(分割手数料抜き)

カラーはブラックとホワイトの二種類になります。一般定価は17800円税別なので、1000円ほどお安いんですね。このZTE BLADE E02スペックを見れば、お分かりの通り、カメラなど電話の機能としてはあまり必要でない部分や、CPUの性能を絞ることによって、低価格を実現しています。全機種との違いが分かりづらいかもしれませんが、ちゃんとバージョンアップしています。このE02は前機種E01と比較して、大きく以下の三つの点でバージョンアップを遂げています。

前機種E01から大きく改善されたのはメモリ、ストレージ、ジャイロスコープ

実際にはAndroidOsは7.1対応、CPUはsnapdragon210を採用とほかにも変わった部分はあります。ですが、OSに関してはアプリやサービスの都合上アップデートは必須です。OSが対応していないと使えませんからね。またCPUに関してはレビューや口コミを参考にすると、とりあえず、snapdragonを使ってみただけ、というレベルの性能です。SnapdragonのCPUといっても2015年に発売されたローエンド機種に搭載されていたもので、ローエンドの型落ちCPUなんです。前機種E01搭載されていたCPUMT6735Pと比べてもベンチマーク性能もほとんど変わらないんですね。

大きく変わった部分が何かというと上の三つになります。メモリは1GBから2GBに変化しました。ストレージも8GBから16GBへ変化。特にストレージに関しては、全機種の場合は使い方によってはシステムアプリケーションで容量がほとんど埋まってしまう状態だったので、かなり大きな変化と言えます。また前作にはなかったジャイロスコープも搭載されました。これによりポケモンGOなどAR対応のゲームも遊ぶことができます。

低性能ではあるが必要十分、低価格モデルとしては光る部分も

上で説明したようにローエンドモデルの何恥じず低性能です。指紋認証もありません。ですが、スマホとして基本的な部分はしっかり押さえているモデルです。CPUに関してもインターネット、メールなどは全く問題ありませんし、3Dのゲームなど容量を必要とするゲームでなければ問題なく動作は可能です。デザインもシンプルですが、軽量で持ちやすさに配慮されています。E02は用途を絞れば十分に活躍してくれる端末です。

また、ここまではちょっとマイナス面を前面に出した紹介をしてきましたが、このE02低価格モデルとしてはほかの端末と比較して、光る部分もあります。それはauのLTE回線用に対応したVoLTEsimに対応だということです。そもそもシムフリー端末では現状、au回線に対応していないものも多いです。その中で、au回線に対応かつLTEも使える、この価格帯としては目を見張るべきものがあります。もちろん、ドコモ、ソフトバンクではLTE/3G回線ともに問題なく利用が可能です。低価格モデルに限らず、シムフリー端末では数少ない大手3キャリア対応端末なのです。

ZTE BLADE E02の購入をおすすめできるのはこんな人!

ここまで、ZTE BLADE E02の仕様を細かく見てきました。以下のような人におすすめできる端末です。

  • これからお子様にスマホを持たせたい親御さん
  • 高齢の親御様への連絡用にスマホが欲しい方
  • キャリア端末のサブ機が欲しい方

端末価格はお安く、スマホとしては最低限の機能を持っています。また、低スペックなため、お子様に持たせても、そこまで変なことをされる心配もない。また低スペックだからこそ、変に余分な機能が含まれていないので、使い方を覚えやすいのは事実です。高齢の親御様にお渡ししても、不安を感じなくて済みます。ガラケーよりもタッチパネルのスマホの方が利用は直感的で簡単です。まずこの機種で慣れてもらってから、より性能のいいもの、という利用の仕方もできます。

また、先ほどもご説明したように、数少ない3キャリア対応の低価格スマホです。サブ端末としてもおすすめです。例えば通話だけ、なんて使い方もできるわけですね。

ZTE BLADE E02のデメリットや注意点、おすすめできない人

さて、次に反対にどんな方におすすめできないか、また使用上の注意点にはどのようなものがあるか見ていきましょう。まず、以下のような人にはお勧めできません。

  • ゲームで頻繁に遊ぶ
  • カメラは高画質がいい
  • 快適な通信

いろいろ書きましたが、要するに、スマホにいろいろと求める人には向いていない機種です。コスパは悪くない機種ですが、CPUなどスマホとしての性能という面で言うと、最低クラスの低性能です。抑えるところを抑えているから低価格なんですね。ちょっとした誤作動などもこれくらいの性能では頻繁にあるかと思います。また、単に基本的な性能だけで言えば、例えばarrows m03、Huawei p10liteなど他メーカーの同価格帯スマホの方が上であったりします。スマホをより快適に利用したい、低価格がいいけど、少しでも性能のいいスマホが欲しいという方はこちらのスマホを購入したほうがいいでしょう。

ただ、電話としての性能はほかの低価格スマホに比べると優れています。基本は電話くらいしか使わない、それ以外はあまり求めていないくらいに思っている方が快適に利用できる端末と言えます。

楽天モバイルなら2年以上の長期契約で端末代金0円

このZTE BLADE E02楽天モバイルではどのような扱いを受けているスマホかといいますと、実は現在一押しのスマホの一つだったりします。というのも、長期契約の割引率がほかの端末に比べて高くなっています。なんと2年以上の長期契約で端末代金が0円になります。ZTE BLADE E02の楽天モバイル販売定価は16800円(税別)です。本来の楽天モバイルの長期割引価格は2年契約10000円割引、3年契約20000円割引ですので、その割引率の高さがわかっていただけたかと思います。

3年契約では0円で購入できる端末は多くても、2年契約で購入できるものは少ないです。3年契約ということで、二の足を踏んでいた方も安心して購入できるわけです。現在ほかのMVNOと比較しても、この価格は圧倒的に安く、ZTE BLADE E02の最安値販売価格となっています。

ZTE BLADE E02の口コミやレビュー

最後に、現在の市場でのZTE BLADE E02の口コミやレビューはどのようなものが多いかを見ていきましょう。性能が低い端末とはいえ、低価格モデルです。そのため、おおむね好意的な評価が多いです。ですが、中にはそれでもちょっとひどいのではないか、と欠点を指摘するものもあります。大きく分けると以下のようになります。

  • 高評価
    • 電話や簡単なネット検索にしか使わないので性能に問題ない
    • サブ端末としては十分な性能
    • 低価格で3キャリア使える
  • 低評価
    • ジャイロセンサーは果たして必要があったのか。
    • 数千円出せばmate10 liteなどが買えるのにこの性能はひどい
    • お金をかけるところを間違えている

高評価に関してはおおむねこの記事で紹介させていただいた内容通りかと思います。ここでは主に低評価の部分を詳しく見ていきましょう。

無理にジャイロセンサーを付ける必要はなかった

ジャイロセンサーは回転や向きの変化を検知するセンサーのことです。これとAR技術などを利用してポケモンGOなどのゲームは運用されています。ジャイロセンサーによって、あの現実世界にポケモンがいるようなプレイ画面が実現しているのです。ですが、それは単にジャイロセンサーの技術によってだけ成り立っているのではなく、スマホに含まれる3D用のチップの性能などによるところも多いのです。

ZTE BLADE E02ジャイロセンサーは搭載しているのですが、肝心のその他の部分は低価格のままです。現状ジャイロセンサーはスマホではARやVR技術を利用したアプリケーション、ゲームに使うくらいの用途しかありません。それに加え、そもそもこの機種はポケモンGOなどのAR技術を使ったゲームで快適に遊ぶには適さない性能です。ジャイロセンサーなんか入れなければ、CPUやもう少しほかの部分にお金が使えたのではないか、というわけなのです。確かに的を得ている指摘と言えます。この機種の大きな欠点といえるでしょう。

まとめ

今回は今話題の低価格スマホZTE BLADE E02についてご紹介してきました。低価格で最低限度の性能を持ち、かつ3キャリアの通信バンド帯に対応している、お得なスマートホンです。楽天モバイルも販売に力を入れていて、0円での購入も可能です。しかしながら、低価格モデルでありながら、ジャイロセンサーを搭載するなど、多少突っ込みどころのある機種でもあります。

他社の同様の低価格帯モデルと比較すると、大手を振っておすすめはできる機種ではありません。サブ端末、主に電話しか使わない、子供や親御さんに渡す、など利用方法によっては便利なスマホですが、購入の際にはどのように利用するのか、あらかじめしっかりと考えておく必要があるでしょう。

関連記事

楽天モバイルの端末レビュー!HUAWEI nova liteの評判や使い勝手を解...

楽天モバイルのAPN設定は簡単!手順と注意点をご紹介します

楽天モバイルの端末レビュー!HUAWEI P10 liteの評判や使い勝手をご紹...

大容量の楽天メールは使い勝手良し!設定方法をご紹介します

NO IMAGE

楽天モバイルの開通日に関する疑問にお答えいたします!

NO IMAGE

楽天モバイルの支払い方法や変更の方法を紹介します!