楽天モバイルの取り扱い端末レビュー!ZenFone 4 ZenFone Liveの特徴や評判を解説します

格安SIMサービスを提供している楽天モバイルでは、高品質な格安スマホを豊富に取り扱っています。

その中でも、SIMフリースマホの販売実績が国内シェアナンバーワンのASUSが販売しているデジタルデバイスの中でも、人気のあるZenFone4とZenFone Liveについて詳しくご紹介しましょう!

ZenFone 4とZenFone Liveのスペックと特徴を見てみよう

ZenFone 4・ZenFone Liveは、高いデザイン性にくわえ、メインカメラ・インカメラやバッテリー、メモリなど使いやすさにも定評のあるスマホです。

まずは、それぞれのスペックをご覧いただきましょう。

ZenFone 4 ZenFone Live
記憶装置 ・内蔵ストレージ

64GB

・microSDカード

最大2TBまで使用可能

・Googleドライブ

100GB(1年間無料版)

・内蔵ストレージ

16GB

・ASUS Web Storageサービス

5GB(永久無料版)

・Googleドライブ

100GB(2年間無料版)

質量 約165g 約120g
サイズ 高さ約155.4ミリ×幅75.2ミリ×奥行約7.5ミリ 高さ約141.1ミリ×幅約71.1ミリ×奥行約7.9ミリ
ディスプレイ 5.5型ワイドSuper IPS+液晶(LEDバックライト)

Corning®Gorilla®Glass3

2.1mmスリムベゼル

10点マルチタッチ・スクリーン(静電容量方式)

5型ワイドTFTカラータッチスクリーン IPS液晶(LEDバックライト)

1,280×720ドット(HD)

プロセッサー Qualcomm®Snapdragon™ 660(オクタコアCPU)

GPU: Adreno512

 

Qualcomm®Snapdragon™400(クアッドコアCPU)
メインメモリ 6GB 2GB LPDDR3
アウトカメラ 1,200万画素カメラ内蔵(メインカメラ)

800万画素広角カメラ内蔵(2ndカメラ)

LEDフラッシュ

1,300万画素Webカメラ内蔵

LEDフラッシュ

インカメラ 800万画素カメラ内蔵 500万画素Webカメラ内蔵

LEDフラッシュ

サウンド機能 ・スピーカー

デュアルスピーカー

・サウンド規格

Hi-Res

DTS Headphone:X™

Sonic Master 4.0

・マイク

デュアルマイク内蔵

・スピーカー

DTS Headphone:X™

マイク内蔵

通信規格 IEEE802.11a/b/g/n/ac (周波数帯域:2.4GHz/5GHz)

Bluetooth 5.0

IEEE802.11b/g/n

Bluetooth®4.0

SIMカードスロット DSDS

nanoSIMスロット×2

SIM1:nanoSIMスロット

SIM2:nanoSIMスロット

※同時使用不可

通信方式 FDD-LTE、TD-LTE、キャリアアグリゲーション、W-CDMA、GSM/EDGE W-CDMA、FDD-LTE、TD-LTE、GSM
センサ GPS(GLONASS、Beidou、Galileoサポート)、加速度センサ、電子コンパス、光センサ、磁気センサ、近接センサ、ジャイロスコープ、指紋センサ、RGBセンサ、NFC GPS(GLONASSサポート)加速度センサ、電子コンパス、光センサ、近接センサ
バッテリー容量 3,300mAh 2,650mAh
プラットフォーム Android™7.1.1 Android™6.0.1
主な付属品 USB ACアダプターセット

SIMイジェクトピン

クリアケース

Zen Ear

Zen Ear交換用イヤーピース

ユーザーマニュアル

製品保証書

以上がZenFone 4とZenFone Liveのスペックになります。

次に、それぞれの特徴を詳しくご紹介しましょう。

ZenFone 4の特徴①~カメラについて~

ZenFone 4はカメラの機能がとても優れています。カメラの特徴をまとめてみました。

120度の広角レンズ

一般的なレンズの約2倍の広い空間を撮影できるので屋外の風景など、壮大な臨場感あふれる写真の撮影や、狭い室内での集合写真もきれいに撮れますよ!

背面デュアルレンズカメラ

一般的なスマホよりも、約5倍もの光を取りこむデュアルレンズカメラを搭載しているので、悪天候の屋外撮影や、薄暗い室内でも明るく鮮やかな写真が撮れるんです。薄暗い場所での撮影は、手ぶれも気になるところですがZenFone 4には、手ぶれ補正機能OISも搭載しているのでブレずに撮影ができますよ。

動いている被写体も逃さない焦点検出センサー搭載

2,400万個の焦点検出センサー搭載したデュアルピクセルカメラには超高速の像面位相差オートフォーカス・コンティニュアンスオートフォーカスを搭載。動いている被写体もブレずに撮影できるので、スポーツ撮影やお子様の運動会も高画質で撮影できるんです。

さらにZenFone 4は色補正センサーや4K動画撮影対応など、きれいに思い出を残したいという願いがかないますよ。

・Proモード搭載

高機能のデジカメで撮影したようなナチュラルな色味を実現できるのもZenFone 4の特徴で、フルHDの約4倍の解像度にくわえ、ポートレートモードや一眼レフと同じように露出やISO感度をお好みに調整できます。写真にこだわりをお持ちの方にとって、うれしい機能ですよね。

美人エフェクトできれいな自撮りを実現

ZenFone 4にプリインストールされている「Selfie Master」は、きれいな自撮りをサポートしてくれる自分撮り専用のアプリなんです。

お肌の質感をお好みに10段階で調整できる「美人エフェクト」機能は、動画やライブ配信にも対応しているので編集の手間をかけずにアップできるのも魅力的ですね。

ZenFone4の特徴②~サウンドについて~

高画質撮影ができるなら、次に気になるのは音ですよね。

ZenFone 4は聞いたままの音をリアルに再現できるデュアルスピーカーを搭載しています。高音質のサウンド機能についてまとめてみました。

デュアルスピーカー

臨場感あふれるサウンドがお楽しみいただけるデュアルスピーカーを搭載しているので、音楽好きな方もきっとご満足いただけますよ!

ハイレゾオーディオ認証で高音質を実現

ZenFone 4は、優れた音質機器にしか付与されないハイレゾオーディオの認証を受けています。CDの約4倍の高音質のオーディオ再生をお楽しみいただけます。

ノイズキャンセル機能

マイクには2つのノイズキャンセル機能がついており、無駄な音を拾いません。「聞きたい音」だけ拾うので聞き取りやすいのが特徴です。そのため、動画撮影やライブ配信でも快適なサウンドを実現しました。

オーディオウィザードで音質チェンジ!

音質を変えるサウンドエコライザとなるオーディオウィザードで、YouTubeや音楽再生アプリなどもZenFone 4を通して聴くと、クリアで迫力のある音をお楽しみいただけます!

ただし、ハイレゾに対応している音楽を再生中にオーディオウィザードの併用はできませんのでご注意くださいね。

ZenFone4の特徴③~メモリについて~

高画質・高音質と機能に優れているのはわかったけど、操作は重くない?と操作環境を心配される方もいるでしょう。

ZenFone 4はパフォーマンスにも優れており、パソコン並みにサクサクとした快適な操作環境なんです。

アプリをたくさん立ち上げたままでも、操作が重くなりがちな高精細動画を見ていてもサクサクと快適!

こうした高いパフォーマンスを発揮できるのは、最新のQualcomm®Snapdragon™ 660にくわえて、大容量6GBメモリを搭載しているからなんですね。

さらに急速充電も可能で、約36分で半分の充電ができるのもポイントが高い!

ほかにも4Gスタンバイなら最長22時間、3Gによる通話最長36時間、Wi-Fiでのブラウジングは最長18時間と電力効率がとっても高いんです。

ZenFone Liveの特徴

きれいな動画撮影をサポートする機能が充実しているZenFone Liveについてご紹介しましょう。

美人エフェクトLive搭載

世界初搭載となる美人エフェクトLiveは、インスタやFacebook、TwitterなどSNSでのライブ配信をサポートしてくれます。普段の自分よりもさらにきれいな自分で、満足のいくライブ配信ができるのはうれしいですよね。

もちろん、ZenFone 4にもついている美人エフェクトもご利用いただけます。肌質やトーン、目力をご自身の理想に調整して、撮影をお楽しみくださいね。

82°のワイドアングル

きれいに自分撮りができる前面カメラは、屋内でもきれいに撮れるんです。一般的なスマホよりも光を約2倍取り込める1.4μmピクセルにくわえ、82°のワイドアングルカメラとなっています。自分撮りでバックの景色をしっかりといれたいときや、大人数でのセルフィ―写真の仕上がりもご満足いただけますよ!

デュアルマイク

人の多い場所での動画撮影も、高感度MEMSマイクでしっかりと音声を拾います。さらに、臨場感のある音を取り込めるデュアルマイクも内蔵しているので、リアルタイムでの動画配信もクリアな音質でおとどけできます。

キッズモード搭載

機能満載なZenfone Liveには、初めてスマホを扱う方にうれしい「簡単モード」もあります。

さらに、お子様への初めてのスマホとしておすすめの「キッズモード」も搭載しています。インターネットの閲覧ができないキッズ携帯と違って、機能に制限をもたせつつさまざまなアプリもご利用いただけるのでスマホとしての機能も充実しています。

Zenfone Liveのキッズモードは「設定」からON/OFFで簡単に切り替えができます。PINコードの設定から使用するアプリの選択、着信通話の設定を行うだけなので簡単ですよ。

ZenFone 4 とZenFone Liveの発売日・カラー・料金は?

機能満載なZenFone 4とZenFone Live。欲しくなった方も多いのではないですか?

格安SIMサービスを提供している楽天モバイルでも、ご購入いただけるんですよ。

スペックや特徴だけでなく、ZenFone 4とZenFone Liveの概要をまとめてみましたので、どうぞご覧ください。

ZenFone 4 ZenFone Live
発売日 2017年9月23日 2017年7月14日
カラー ミッドナイトブラック

ムーンライトホワイト

ブラック

シャンパンゴールド

ピンク

一括払い 56,800円(税別) 17,800円(税別)
分割払い 2,556円(税込)+分割手数料/月×24回 801円(税込)+分割手数料/月×24回

一括払いがむずかしい方にもうれしい、月々の負担が軽くなる分割払いもご利用いただけます。

ZenFone Liveなら月額801円(税込)+分割手数料とリーズナブルなので、学生さんのおこづかいでも高機能スマホが持てますよ!

ZenFone4とZenfone Liveをおすすめできるのはこんな人!

ZenFone 4とZenfone Liveのスペックや特徴を見ても、どれを選べばいいのかわからない…という方のために、それぞれの端末をおすすめできる人をタイプ別にまとめてみました。

Zenfone 4をおすすめできるのはこんな人

  • インスタグラマー
  • 旅行先や外出先からSNSを利用する方

高画質の写真や動画の撮影、美人エフェクトで自撮りもきれいに撮れるという特徴から、インスタグラマーにはおすすめできますね。

Zenfone 4は名前の通り、「禅」を思わせる深みと静寂を感じるシンプルなデザインが特徴です。

高い耐久性を持っているのでキズがつきにくく、カバー無しでも安心して使えるんですよ。

どこでも安心して持ち運べるので、旅行先やクライミングで出逢った壮大な景色の撮影にZenfone 4をお使いくださいね!観光地は人で混雑していますが、そうした場所からもZenfone 4なら拾いたい音だけを拾ってクリアな音声でライブ配信もできます。

ZenFone Liveをおすすめできるのはこんな人

  • 自分撮りを楽しんでいる方
  • はじめてSIMフリースマホを使う方
  • キッズスマホをお探しの方

まずは世界初搭載となる美人エフェクトLiveの機能をいかしたいところですよね。

インスタやFacebook、Twitterできれいにスムーズなライブ配信にご利用いただけるので、セルフィ―(自分撮り)を楽しむ方には本当におすすめです。

さらに端末料金が一括払でも19,800円(税別)とお手頃価格なのもうれしいですよね。

Zenfone Liveはキッズモードも搭載しているので、お子様の初めてのスマホにもおすすめです。

ZenFone 4 ・ZenFone Liveのデメリットとは?~購入時の注意点とおすすめできない人~

優れた機能満載のZenFone4とZenfone Liveですが、実はそれぞれ購入する前に知っておいてほしいことがいくつかあります。

Zenfone 4の購入時の注意点

まず、価格ですね。人気のiPhoneに比べると安い端末料金ですが、5万円を超える端末料金は決して安くはありません。格安スマホとして購入するにはやや難がありますよね。でも、価格に劣らないスペックなのでご購入いただいても不満は出ないでしょう。

また、海外メーカーのスマホなのでおサイフケータイの機能を備えていません。もし、これまでおサイフケータイを日常的にお使いであれば不便に感じると思います。

さらに注意していただきたいのが、水ぬれです。Zenfone 4には防水・防塵機能がありませんので湿度が高い場所でお使いいただくと故障の原因になります。入浴中にスマホで動画を楽しみたい方にはおすすめできません。

Zenfone Liveの購入時の注意点

Zenfone 4と比べてもメモリが少ないので、おわかりいただけるかと思いますがZenfone Liveは格安スマホの中でもスペックはあまり高いほうではありません。

メールやインターネット閲覧程度なら問題はありませんが、ゲームアプリでは少しストレスを感じることもあるでしょう。

スマホをゲーム機代わりに使用している方にはあまりおすすめできない端末です。

また、2枚のSIMカードを挿せるのでデュアルスタンバイができると思ってしまいますが、Zenfone Liveはデュアルスタンバイ対応ではありません。手動で切り替えが必要になるので、ご注意くださいね。

さらにZenfone Liveはジャイロスコープがついていません。そのため、ジャイロスコープが必要なゲーム(例:ポケモンGO)で遊べません。

もちろん、Zenfone 4と同様におサイフケータイ・防水・防塵機能もついていませんのでご注意を。

楽天モバイルならお得にZenFone 4 ・ZenFone Liveが買えるんです!

楽天モバイルでは格安スマホを豊富に取り扱っていますが、多機能なZenfone 4とZenfone Liveをお得にお買い求めいただけるんですよ。

Zenfone 4の価格に二の足を踏んでいる方は、楽天モバイルのスーパーホーダイをご契約ください!

スーパーホーダイの長期優待ボーナス適用時の料金 ※一括払い

3年契約 36,800円(税別)
2年契約 46,800円(税別)

2年契約でも通常料金56,800円(税別)よりも、10,000円もお得なんです。

端末料金がお得なZenfone Liveではどうでしょうか。

3年契約 0円(税別)2,200ポイントプレゼント
2年契約 7,800円(税別)

3年契約時には端末料金が0円になるだけでなく、2,200ポイントがもらえます!

2年契約でも10,000円以下でお買い求めいただけるのは本当にうれしいですね。

さらに、楽天モバイルにはZenfone 4とZenfone Liveをご購入、ご契約いただいた方を対象としてさらにお得なキャンペーンや特典もご用意しているんです。

お友達紹介キャンペーン

ご紹介した方に最大3,000ポイント、紹介された方に最大1,500ポイントをプレゼントする「お友達紹介キャンペーン」は、ご家族・お友達すべてが対象となっています。

紹介された方のご契約プラン 紹介した方 紹介された方
スーパーホーダイ(通話SIM) 3,000ポイント 1,500ポイント
組み合わせプラン(通話SIM) 2,000ポイント 1,000ポイント
組み合わせプラン(通話SIM) 1,000ポイント 500ポイント

紹介された方が平日に楽天モバイルのショップでご契約していただきますと、さらに1,000ポイントもらえます!

ポイントは紹介した方は開通月の翌月下旬頃、紹介された方は開通月(1カ月目)から3カ月継続後の翌月下旬頃に付与されますので、お得なポイントをしっかりともらうためにも楽天会員登録を事前に行っておきましょうね。

また、紹介できるのは、お1人様2回までと上限があり、WEB・ショップとどちらでもお申し込みいただけます。

3カ月無料キャンペーン

ご家族・ご自分にZenfone 4・Zenfone Liveをご契約する方におすすめのキャンペーンが「3カ月無料キャンペーン」です。

たとえば、すでに楽天会員でスーパーホーダイプランLをご契約していただいた場合【初月1,980円+4,980円×2カ月分】+【事務手数料 3,394円】=無料となります!

最大15,334円もお得になりますので、端末料金だけでなく初期費用も抑えたい方にもおすすめで。

この特典は、通話SIMの新規お申し込みまたは、すでにご契約中であることが条件ですが、条件を満たしていれば050データSIM(SMSあり)、データSIM(SMSなし)を2回線目にとお考えの方もご利用いただけますよ!

そのため、おサイフケータイの機能を備えた端末や高スペックでゲーム端末として利用するために2台目のご契約をお考えの方はぜひお申し込みください。

楽天モバイルのデータSIMは月額525円からと大変お得ですので、2台ご契約しても大手キャリアの1台契約よりはるかにお得にご利用いただけますよ!

「お友達紹介キャンペーン」と「3カ月無料キャンペーン」の終了期間は未定となっており、常にご利用いただけるわけではありません。また、予告なく終了する可能性があるそうなのでお得に契約をしたい方は、なるだけお早目にお申し込みくださいね。

楽天モバイルでZenfone 4・Zenfone Liveのご契約前に知っておきたい口コミ・レビュー!

メリットやデメリットはわかったけど、実際に使っている人の感想を聞きたい…という方もいらっしゃいますよね。そこでネットで見つけた口コミやレビューをまとめましたので、ご契約前の参考にご覧ください!

Zenfone 4

  • 大容量メモリで快適だから2年以上持てる。
  • ゲームをやっていても、熱くならない!
  • DSDSも問題なしでサクサク快適

端末料金は格安スマホの中ではちょっと高めですが、Zenfone 4はデザイン性・機能性ともに多くの方からご満足いただいているようです。しかし、中にはちょっぴり不満の声も聞かれます。

  • 指紋センサーが前にあるから使いにくい
  • 手が小さいから5インチだと落としそう
  • ポイントを利用しても端末料金は高く感じる

背面に指紋センサーがあったZenfoneをお使いの方には、前面に移動した指紋センサーに慣れずに使いにくさを訴えている方もいらっしゃるようです。

また、特徴の5.5インチの大画面も、手の小さい方やパンツのポケットにしまう際に落としてしまいそうだと感じる方もいるようですね。やはり、ネックとなっているZenfone 4の端末料金ですが、これは楽天モバイルでご契約いただければ問題ないですね。

Zenfone Live

  • 驚異的な軽さで携帯性バツグン
  • 高級感のあるデザイン
  • 5インチとコンパクトなのがいい

コンパクトで軽いことから、携帯するにはストレスがないと好評のようですが、反対意見も聞かれます。

  • 美人エフェクトが思ったような仕上がりではない
  • タッチの反応が悪い!
  • カメラのフォーカスが遅い

Zenfone Liveの売りともいえる美人エフェクトに不満をお持ちの方もいるようです。一般的にSNSとメール、インターネット閲覧という使用方法であれば、問題なくお使いただいている方が多いようですよ。

まとめ

納得してお申し込みいただくためにも、最後にご紹介させていただいた口コミ・レビューも参考に、楽天モバイルでZenfone 4または、Zenfone Liveをご契約くださいね。

関連記事

楽天モバイルの電波の品質はどう?速度の違いや周波数をご紹介!

楽天がキャリア事業に参入決定!開始はいつ?参入で市場はどうなる?

楽天モバイルの購入できるルーターの使い勝手はどう?評判や利点を解説します

NO IMAGE

楽天モバイルで購入できる国産スマートフォン製造メーカーSHARPの特徴とは?

楽天モバイルの端末レビュー!HUAWEI P10 liteの評判や使い勝手をご紹...

楽天モバイルでacerの端末は購入できる?端末の特徴や使い方について