楽天モバイルに最低利用期間や二年縛りはある?損をしない契約方法はコレ!

携帯電話やスマホは、SNSの利用だけでなく配信されるクーポンや決済アプリの利用もできて、今や生活に欠かせないツールとなりましたね。しかし、多機能とひきかえに高額な端末料金や利用料金に頭を悩ませる人が多いのも事実。

そこで注目を浴びているのが、格安SIMサービスを提供するMVNOです。高品質で格安の端末もセットで購入できるので、乗り換えを検討されたこともあるのではないでしょうか?

ただし、そこで気になるのが二年縛りや最低利用期間といった縛りの内容。これまで使ったことが無いサービスの分、乗り換えはいいけど自分には合わず、しかも二年縛りがあって乗り換えもやりづらいとなると、乗り換えにしり込みしてしまうのも当然ですよね。

そこで、楽天モバイルにに最低利用期間や二年縛りはあるのか、そのほかに注意点は

はあるのか等についてまとめました。

楽天モバイルには「二年縛り」がある?解約金はいくらなの?

まず初めに言えることは、楽天モバイルにも縛りや最低利用期間が存在します。しかし、大手キャリアのような二年縛りとは少し異なります。

楽天モバイルには、「組み合わせプラン」や「スーパーホーダイ」といった料金プランがあるのですが、「スーパーホーダイ」の場合は申し込みの際に最低利用期間を1~3年の中から自分で決めることになります。

どういうことかというと、最低利用期間が長くなるほど月額料金が安くなるという仕組みをとっているのです。ですから、ご自身の利用予定に合わせて最低利用期間を選べるのです。ただし、「組み合わせプラン」の場合は一年で固定となっています。

また、大手キャリアの契約期間は自動更新なので、更新月を自分で把握しておかなければなりませんよね?さらに、二年経過の翌々月を過ぎてしまうと新たな二年間が始まるため、その期間を過ぎて解約をしようとすると解約金が発生してしまいます。

これに対して楽天モバイルの場合、最低利用期間が過ぎれば、その後はいつ解約をしても解約金は発生しません。大手キャリアのような縛りがなくなるのです。

そのため、とりあえず一年だけ試してみて、その後も継続するかはその期間に判断するということも可能です。逆に今後三年は必ず利用すると決めている方は、最低利用期間を三年に設定して毎月の基本料を抑えるということも可能なのです。

なお、組み合わせプランのデータのSIMの場合は、最低利用期間がなくなります。そのため、とりあえず初めはデータSIMで契約して通信や利用勝手を確かめ、問題無さそうであれば完全に移行するという方法も考えられます。

楽天モバイルの解約金と手数料を知りたい!

さて、最低利用期間や縛りについてはご説明した内容になりますが、解約金も気になりますよね? 解約金も、楽天モバイルは大手キャリアと少し異なります。大手キャリアは基本的にいつ解約しても一律の解約金が必要になります。

ですが、楽天モバイルの場合は初めにどの最低利用期間を選んだか、また、現在が何か月目かによって解約料が変わります。詳細については以下にまとめました。

ぜひ、参考にしてみてくださいね。

【最低利用期間によって変わる解約金】

最低利用期間1年 契約解除料 9,800 円
最低利用期間2年 契約解除料 19,800 円 2年目 9,800 円
最低利用期間3年 契約解除料 29,800 円 2年目 19,800 円 3年目 9,800 円

大手キャリアの解約金が約9,800円となっているので、楽天モバイルは若干高めなような気がします。ですが、自分で決めた最低利用期間をしっかり終えたらいいだけですので、楽天モバイルはご自身で「縛り」を決めるということになりますね。

また、楽天モバイルではお得な割引や特典を受けられるキャンペーンも用意されています。契約時にエントリーされる方も多いですが、これらのキャンペーンにも最低利用期間が設けられています。もちろん、最低利用期間が終わる前に解約手続きを行うと9,800円の解約料が発生しますので、ご注意くださいね。

楽天モバイルの契約内容や開始月の確認方法

いざ楽天モバイルを使っていると、いつから使い始めたのか、いつ最低利用期間が終わるのか

といったことは忘れてしまいがちですよね?そうなると、まだ縛りの期間が終わっていないのに解約してしまって、手数料がかかってしまったという状況にもなりかねません。

それを避ける方法は大きく分けて二つあります。

一つは、契約書を確認する方法です。店舗で契約した場合には書面で渡されるので、その内容を確認すればいつ契約したのか、最低利用期間はいつまでなのかが分かります。

もう一つは、WEB上から確認する方法です。楽天モバイルにはメンバーズステーションという毎メニューのようなサイトがあります。ネットで契約した場合や契約書を失くしてしまった場合には、そこにアクセスして契約内容を確認しましょう。また、契約内容や利用状況が分かるアプリも用意されています。データ量の使用状況も分かるアプリですので、こちらもインストールしておくと、いざという時に役に立って便利です。

楽天モバイルの最低利用期間や縛りの残り期間は、以上のような方法で調べられますから、ぜひ覚えておきましょうね。

楽天モバイルの魅力的な料金プランのご紹介

ここからは、楽天モバイルが用意している料金プランやSIMの種類についてご紹介します。

【組み合わせプラン:料金表】

通話SIM 050データSIM

(SMSあり)

データSIM
ベーシック 1,250円 645円 525円
3.1GB 1,600円 1,020円 900円
5GB 2,150円 1,570円 1,450円
10GB 2,960円 2,380円 2,260円
20GB 4,750円 4,170円 4,050円
30GB 6,150円 5,520円 5,450円

ご自身の目的や利用方法に応じて選んで組み合わせることができる「組み合わせプラン」は、楽天モバイルでも人気の料金プランです。

普段から通話はあまり利用しない、主にLINE電話や無料アプリを活用しているという方は、格安で高速通信をご利用いただける050データSIMやデータSIMがおすすめですよ。

ご契約後も毎月1回までは無料でプランの変更ができるので、まずはお試しで3.1GBプランを契約して一か月のご利用状況を見るのもよいですね。もし、容量が余ってしまっても翌月にそのまま繰り越せますし、月額100円でデータシェアもご利用いただけます。

データシェアはご家族だけでなく、楽天モバイルをご利用のご友人も対象となっているので、お友達同士で楽天モバイルを利用するのもおすすめです!

長く使うなら長期ご優待プランがおすすめ!

スマホでたくさん通話するという方は、通話SIMよりも「スーパーホーダイ」がおすすめですよ。

スーパーホーダイは楽天会員であれば、月額1,980円でご利用いただくことができます。(※2年目以降は2,980円で楽天会員でない方も同額)

さらに、楽天会員の方でダイヤモンド会員であれば、月額料金が500円割引で初月はプランM、Lも1,980円でご利用いただくことができます。詳細は以下の表をご覧ください。

プランS プランM プランL
月額基本料 1,980円 2,980円 4,980円
ダイヤモンド会員特典 1,480円 2,480円 4,480円
データ通信 月2GB 月6GB 月14GB

各プランにある高速通信容量を使い切ってしまってもご安心ください。通信速度は最大1Mbps使い放題なんですよ!

通話をたくさんする方におすすめと書きましたが、気になる通話も「楽天でんわアプリ」を使えば5分以内の国内通話はかけ放題で、5分を過ぎてしまっても30秒10円と格安の通話料なので安心ですね。

さらに、こんなにお得がいっぱいのスーパーホーダイにお申し込みいただいた方限定に「長期優待ボーナス」がついてきます。

・3年ご契約→20,000円割引

・2年ご契約→10,000円割引

20,000円の割引となると格安スマホをご購入いただいた場合、端末料金は無料となる可能性もありますよね。もし、ご契約年数に応じた割引額よりも端末料金がお安い場合には「楽天スーパーポイント」で還元されるのでご安心ください。

まとめ

魅力いっぱいの楽天モバイルですが、料金プランやサービスなど目先のメリットにとらわれず安心して利用するためには、契約期間や解約金なども知っておくと安心ですよね。

さらに楽天モバイルは月額基本料金の日割り計算は行っておりませんので、月途中や月末にお申し込みいただいても月額基本料金が満額発生します。

楽天モバイルにご契約いただくときは、こちらの情報も参考にしてよりお得に楽天モバイルへお申し込みくださいね。

関連記事

楽天モバイルのSIMサイズを変更する方法は?素早くお得に行う方法?

楽天モバイルの端末保証やつながる端末保証は活用すべき?必要なし?

楽天モバイルの料金プランは業界トップクラスの安さ!おススメはコレ

楽天モバイルで取り扱うタブレットのおすすめ5選

楽天モバイルを解約する方法を解説!解約金や注意点はコレ!

simフリーって何?キャリアとは違うの?というあなたへ解説します