楽天モバイルの下取りサービスが便利!利用方法や注意点をご紹介します

楽天グルプが運営している楽天モバイルでは、今使っている端末を下取りしてもらえるサービスがあります。

本来、業者に安く買い取ってもらうか自宅に保管、もしくは廃棄するしかない端末を買い取ってもらえるのは、とても嬉しいことですよね。

しかしよくよく調べてみると、いろいろな条件があることに気づきました。条件が合えばかなりお得なサービスですが、いくつか重要なポイントがあるようです。

今回は、これから楽天モバイルを利用しようと考えている人のために、楽天モバイル端末買取サービスについてまとめました!

楽天モバイルにはお得な下取りサービスがある

楽天モバイルをこれから契約する人にぜひ利用してほしい「端末買取サービス」。もしかすると、今お使いの端末を高く下取りしてもらえる可能性があります!一体どんなサービスなのか、詳しく見ていきましょう。

楽天モバイルの端末買取サービスとは

楽天モバイルの「端末買取サービス」とは、楽天モバイル新規契約者限定で、今お使いの端末を下取りしてもらえるサービスです。「これから新規に契約する方だけ」「iPhone端末だけ」などの条件はありますが、条件が合えばとてもお得なサービスではないでしょうか。

下取りは現金ではなく、楽天スパポイントとの交換となります。お使いの機種や商品ランクによって付与ポイントがあらかじめ決められているので、どれくらいのポイントがもらえるのかとてもわかりやすくなっています。

楽天スーパーポイントの使い道

せっかく下取りでもらったポイントも、使い道がなければ意味がないですよね。楽天スーパーポイントにはどのような使い道があるのか、以下に一例をまとめてみました。

  • 新規端末の購入
  • 楽天モバイルの月々の支払い
  • 加盟店での買い物
  • 楽天市場での買い物
  • 楽天デリバリでの利用
  • 楽天マガジンでの利用
  • 楽天Kobo(電子書籍)での利用
  • 楽天SHOWTIME(映画)での利用

このように、楽天スパポイントにはさまざまな利用方法があります。1ポイント1円で利用できますので、現金と同じような感覚で利用できるのではないでしょうか。

楽天モバイル端末買取サービスの条件

お得な下取りのサービスですが、誰でも利用できるわけではありません。実は下取り対象の端末や、商品ランクなどが限定されているのです。ここからは、端末を買い取ってもらうための条件について詳しく見ていきましょう。

下取りしてもらえる対象の端末

下取りしてもらえる端末は、iPhone端末のみとなっています。お使いの端末がAndroidの場合は下取りしてもらうことはできません。一時期、キャンペンとしてAndroid端末の下取りもしていましたが、2017年12月現在そのキャンペーンは終了しています。

下取りしてもらえるiPhone端末については以下の通りです。(今後も変更されていきますので、申込みの際はご自身でご確認ください)

  • iPhone6sPlus
  • iPhone6s
  • iPhone6Plus
  • iPhone6
  • iPhone5s
  • iPhone5c(Bランクはショップ限定)
  • iPhoneSE
  • iPhone5(ショップ限定)
  • iPhone4S(ショップ限定)
  • iPhone4(ショップ限定)

以上の端末が下取り対象端末です。お使いの端末はありましたか?端末買取サービスはWEB申込みとショップ(店頭)での申込みを選べますが、iPhone4~5はショップ申込み限定なので注意が必要です。

商品ランクによって価格が変わる

商品ランクとは、端末の傷や機能の状態を見て、A・B・Dの3種類に区分される指標のことです。端末が買取対象だとしても、商品ランクによっては査定が大きく下がってしまう可能性があります。

Aランクは、画面操作や各ボタンの不具合、目立った傷がない状態です。使用感が多少あったとしても、機能に問題がなく傷も少なければAランクに区分される可能性は高いでしょう。

画面に表示不良(黒点・にじみ等)や傷・ヒビがある場合、Bランクと査定されます。本体にぶつけた跡やシル跡がある場合もBランクに区分されますが、タッチパネル操作や端末情報の読み取りが可能であることが条件となります。

読み取りや操作ができない端末に関しては、外装に問題がなくてもDランクと査定されてしまいます。Dランクの端末はWEB申込みでは買い取りしてもらえないので、店頭(ショップ)に持ち込む必要があります。

端末買取サービスの申込方法

端末買取サービスについて、その概要や条件を確認できたかと思います。ここからはさらに具体的に、サービスの申込方法について見ていきましょう。方法は2つあるので、自分に合った方法を選んでくださいね。

WEB申込み

WEB申込みは、自宅にいながら申込みができるとても便利な方法です。端末のやり取りも郵送で完結しますので、ショップが近所にない場合に利用しましょう。

方法はとっても簡単です!楽天モバイルの新規契約をするとオプション選択ペジが表示されますので、そこで「端末買取サービス」にチェックを入れましょう。そのまま画面の指示に従い、入力を完了させるだけでOKです!

後日、緩衝材・着払い伝票・買取り依頼承諾書が入った「買取りキット」が自宅に届きます。キット内にある案内に従って、下取りしてもらう端末・本人確認書類・買取り依頼承諾書を返送します。

数日後、登録したメル宛に査定結果が送られてきて、買取りが完了します。完了した翌月末までに、登録口座に楽天スパポイントが付与されるという流れです。

ショップ申込み

WEB申込みは簡単ですが、実は少しだけ付与ポイントが少ないというデメリットがあります。お得に下取りしてもらいたいなら、ショップでの申込みがベストです!

ショップに持ち込む場合でも、端末の初期化やバックアップ、アクティベション(利用開始設定)は自分であらかじめ完了させておく必要があります。付属品などは必要ありませんので、本体をしっかり清掃・充電した状態でショップに持ち込みましょう。

ショップで楽天モバイルの新規契約を行うと、ショップスタッフから「端末買取サービス」の案内がありますので、持って来た端末を提出しましょう。そのあと「端末買取りサービス申込書」の記入を済ませたら、端末の査定が始まります。

査定結果に同意すれば契約が完了となり、WEB申込みと同じく翌月末までにポイントが付与されます。全体を通して見ると、ショップ申込みは査定額も高く、1日で手続きが完了するので、近所にショップがある場合はショップ持ち込みが断然お得ですね。

申込み対象ショップ

楽天モバイルは北海道から沖縄まで、全国に店舗を展開しています。しかし実は、端末買取サービスを申込みできるショップは全国に7店舗しかありません。

申込み対象ショップは以下の通りです。

  • 楽天カフェ二子玉川ライズC.店
  • 楽天モバイル銀座店
  • 楽天カフェ渋谷公園通り店
  • 楽天モバイル福岡天神地下街店
  • 楽天モバイル神戸三宮店
  • 楽天モバイル名古屋栄店
  • 楽天モバイル心斎橋店

以上の店舗に行けば、端末買取サービスの申込みができます。自分ひとりではわからないことも、店頭では気軽に質問ができますよね。実際に契約する端末も触れますし、サービスについてもしっかり説明を聞くことができますので、近所にある方はぜひ利用してみましょう。

申込みの際の注意点

端末買取サービスはとてもお得なサービスですが、利用する際にはいくつか注意しておきたいポイントがあります。下取りしてもらったあとに後悔しないよう、しっかり確認しておきましょう。

査定価格を確認しよう

楽天モバイルでは、買取りの査定額があらかじめ決まっています。例えば、WEB申込みでAランクのiPhone6sPlusなら26,350ポイント、ショップ申込みでBランクのiPhone6なら4,590ポイントです。

「わざわざ遠いショップに出向いたのに査定額が思ったより低かった」なんてことのないように、申込みの前に自分で調べておきましょう。査定額の目安は、公式サイト(買取り対象iPhoneクイックサチ)で簡単に調べることができます。

下取りのキャンセルには要注意

WEB申込みの場合、端末を郵送してからキャンセルをすると、3,000円のキャンセル料がかかってしまいます。どうしても端末を返却してほしい場合は、郵送してから5日以内にキャンセルしましょう。

ショップ申込みの場合はさらに注意が必要で、買取りに同意した時点でキャンセルが不可になります。ショップで申込みをしたらもう端末は返ってこないので、バックアップなどは事前にしっかりと済ませておきましょう。

ネットワーク利用制限について

端末に「ネットワーク利用制限」がかかっている場合、下取りしてもらうことはできません。窃盗にあった端末や詐欺に利用された端末はシステムに登録され、登録された端末は電話や通信に制限がかかってしまいます。

この制限のことを「ネットワーク利用制限」と言い、自分の端末に制限がかかっているかどうかは契約しているキャリアで確認することができます。

新規で端末を購入して普通に使っていれば制限がかかることはありませんが、中古で買った場合や機種代金の支払いが滞っている場合は、制限がかかっている可能性がありますので注意しましょう。

まとめ

楽天モバイルの下取りについて見てきましたが、いかがでしたか?条件はいろいろありましたが、下取りしてもらえるなら申込みをしたほうが絶対にお得ですよね!何かわからないことがあれば、対人オペレー

タやAIチャットでの問い合わせ対応もしているので、まずは気軽に相談してみてはいかがでしょうか。

関連記事

楽天モバイルの初期費用や事務手数料はどう抑える?キャンペーンも要チェック!

楽天モバイルの複数契約やキャンペーンがお得!うまく使って節約しよう