楽天モバイルの端末保証やつながる端末保証は活用すべき?必要なし?

スマートフォンをよく利用する人ほど気になるのが、「端末保証サービスがあるかどうか?」ですよね?単純に端末を利用する機会が多いほど、落下や落水、破損などの危険性も高まると言えるでしょう。

楽天モバイルの場合は、月額500円という低料金から端末保証サービスを提供しています。では、楽天モバイルの保証サービスは具体的にどのような内容になっているのか、また、気を付けるべき点などについても解説していきます。

月額500円で壊れた時にも安心な端末保証サービス

楽天モバイルには端末保証サービスが存在します。月額500円を支払うことで、スマートフォンが故障した際でも無償で修理や取り換えを行ってくれます。

このサービスの嬉しいポイントは、たとえ端末を自分の責任で壊してしまったとしても、修理の対象となる点です。例えば、トイレや浴室にうっかり落としてしまった、ポケットから端末が落ちてしまった、という場合でも無料で修理や交換を行ってくれるのですね。

特に、日頃からスマートフォンをよく使用する人ほど故障のリスクは高いので、できるだけ保証サービスに登録しておくことをおすすめします。

ただし、登録には一つ注意事項があります。このサービスは、新しくSIMカードを申し込んだ時にしか登録できません。つまり、SIMカードを申し込んでから、後で「登録します」と言っても対応してもらえないのですね。

楽天モバイルに申し込む際は、過去のスマートフォンの使用環境を見直し、端末保証サービスに登録するか慎重に考えてから行いましょう。特に、過去に端末を壊した経験がおありの方は要注意です。

楽天モバイルの「端末保証」と「つながる端末保証」は何が違うのか?

楽天モバイルには端末保証サービスがあると紹介してきました。ただ、他の格安SIMと異なる点は、「端末保証」と「つながる端末保証」の2種類が存在している点です。この二つ、システムもよく似ているため、どこが違うのか判断しにくいですよね?

そこで、まずは、端末保証とつながる端末保証の違いを簡単に解説していきましょう。

端末とSIMカードを同時購入した際に利用できるのが「端末保証」

端末保証とは、他の格安SIMや大手キャリアでも展開する保証サービスとほとんど同じです。月額500円の登録費用を払っていれば、端末が故障した際でも無償で修理や交換に応じてくれます。

ただし、端末保証のサービス対象となるのは、あくまでも楽天モバイルで販売している端末のみとなります。楽天モバイルで販売しているのは下記の端末となります。

  • ONKYO S60
  • AQUOS sense lite
  • HUAWEI Mate 10 Pro
  • ZenFone Live
  • honor9
  • ZTE BLADE E02 など

つまり、端末保証サービスを受けられるのは、上記を含めた楽天モバイルで販売する24端末のみです。

ただ、こういった場合はどうなるでしょう?

HUAWEI Mate 10 Proを他の店舗で購入し、楽天モバイル申込時にはその端末を持ち込み、SIMカードのみを購入した。この場合は、端末こそ楽天モバイルで販売しているものと同じですが、実際に購入したのは他店となるため、この端末保証サービスには該当しません。

 

SIMカードのみを購入した場合に利用できるのが「つながる端末保証」

端末保証の他に、楽天モバイルではつながる端末保証という独自サービスも展開しています。こちらも、月額500円の登録費を払っていれば、スマートフォンが故障した際に無償で修理や交換を行ってくれるため、上記の保証サービスとよく似ています。

しかし、通常の端末保証と異なる点は、楽天モバイルでSIMカードだけを購入した場合でも端末を保証してくれることにあります。これはどういうことでしょうか?

例えば、Appleや大手キャリアなどでiPhoneを購入したとします。端末はそのままで、楽天モバイルに乗り換えようとSIMカードのみの申込を行いました。この場合は、楽天モバイルで端末を購入したわけではないので、通常の端末保証では修理や交換などを行ってくれません。しかし、つながる端末保証に申し込んでおくと、他店で購入した端末でも保証対象となるのですね。

楽天モバイルで端末を購入しなくても、故障した際に交換や修理に出せるという点は非常に嬉しいポイントと言えるでしょう。

もっと簡単に言えば、楽天モバイルは、登録した人ならほとんど誰でも端末保証サービスを受けられるので、これに入らない手はありません。

端末保証サービスのデメリットや注意ポイントは?

楽天モバイルの端末保証は、ほとんど誰でも安心してスマートフォンが使える優れたサービスですが、デメリットや注意すべきポイントもあります。

  • 保証が受けられる限度がある
  • 保証が受けられる期間が限定される
  • 保証対象外の端末も存在する
  • これら3つのポイントは、端末保証サービスを受ける方なら必ず知っておくべき内容と言えるでしょう。それでは、順番に紹介していきましょう。

端末保証サービスを受けられるのは1年に2回まで!

楽天モバイルの端末保証サービスは、通常の端末保証でもつながる端末保証でも原則1年に2回までしか受けられません。

保証してくれるのは、水漏れや落下、破損、ひび割れなど幅広いことに特徴がありますが、利用回数が限られている点が少しネックポイントと言えるでしょう。

1年の間に3回や4回など何度もスマートフォンを故障する可能性はあまり高くないものの、日頃から注意して端末を利用することを念頭に置いておきましょう。特にスマートフォンをよく利用する人ほど注意が必要です。

端末保証サービスは端末発売日から3年以内が期限

楽天モバイルの端末保証サービスは、原則、端末が発売してから3年以内のものに限られます。これは、楽天モバイルに申し込んだ日から計算するのではなく、その端末ごとの発売日が起点となるので注意しましょう。

これは、スマートフォン製品には基本的に3年の保証期間が設けられていることに理由があります。例えば、楽天モバイルに契約する前に、古い端末をそのまま持ち込んだ場合、既に保証期間が過ぎていることも考えられますよね?

保証サービスに申し込む際は、事前にご自身の端末の情報をしっかりと見直しておきましょう。

あなたの端末は大丈夫?こんな機種は保証対象外!

楽天モバイルには、通常の端末保証とつながる端末保証の2種類があるため、ほとんどの利用者がサービスを受けることができます。しかし、下記のような端末の場合は注意が必要です。

なぜなら、必ずしも全ての端末の修理や交換ができるとは限らないからです。

  • 海外から発表された端末
  • 大手キャリアで購入し、SIMロック解除が行われていない端末
  • 端末保証を使わずに独自に修理を行った端末
  • 改造が施された端末
  • Wi-Fiモデルの端末

楽天モバイルの正規修理店は海外製のスマートフォンなどには対応しておりません。また、大手キャリアで契約していても、正規の端末保証サービスを使わずに独自のルートで修理したものなどは保証対象外となります。

ここで特に注意したいのが、中古で端末を手に入れた場合ですね。中古のスマートフォンや携帯電話は、以前使用していた方が非正規ルートで修理していたり、ちょっとした改造を加えていたりする可能性も考えられるでしょう。

このような場合は、とりあえず端末は修理工場に預かってもらえるものの、中身を調べて改造品などのクレームを受けて返却される場合もあります。「中古ショップで買ったんだけど…」という方は、購入した店舗にあらかじめ確認を取るようにしましょう。

端末保証サービスを利用する際の流れ

それでは、実際に端末保証サービスを利用する際の流れを紹介します。

  1. 故障が発生したら楽天モバイル端末補償センターへ連絡する(080-600-1111)
  2. 端末を集荷担当者に渡す

行うことは以上です。端末を渡す際に、必要があれば代替品を受け取れます。その後、故障内容や端末の状況を確認し、修理が行われます

なお、サービスを受けるためには対象商品の購入を証明する書類とメーカー保証書が必要です。そのため、購入時に渡された書類は必ず保管しておくようにしましょう。

端末保証サービスに入るのと実費で支払うのはどちらが得?

ここまで端末保証サービスの概要について紹介してまいりましたが、実際に端末保証サービスは加入した方がよいのでしょうか?修理という観点でいえば、サービスに加入しなくてもお店で修理をお願いすることもできます。

その為、加入期間によっては保証サービスに加入すると割高になることも考えられます。そこで、実際の所どちらの方がお得なのか調べてみました。

実費とサービスのどちらが安いかはおよそ1年半が分岐点!

スマートフォンの修理は、機種や修理内容によって費用が異なります。例えばiPhone修理工房の池袋店の場合、iPhone8の画面修理を依頼すると1万円ほどかかります。

端末加入サービスの場合は一か月500円ですから、1年8か月未満で修理が発生した場合には端末保証サービスの方が安くなります。ただし、それを超えた場合には加入せずに実費で支払ったほうが割安です。

また、水没もよくある故障ですが、iPhone7を修理する場合は7800円ですから、1年4か月未満なら端末保証サービスが、それを超えると実費の方が安くなります。

そのほかの修理もおよそ1万円程度の修理費用となりますから、およそ1年半以内の修理だと端末保証が、それを超えると実費の方が安くなるという計算になります。

ただし、実費の場合はその都度費用が掛かりますが、端末保証サービスであれば年2回までであれば保証の中で対応できます。それを踏まえると、端末保証サービスに加入した方がもしもの時に備えられると言えそうです。

申し込んでおいて損はない端末保証サービス

ここまで楽天モバイルの端末保証について紹介してきましたが、やはりスマートフォンを使う上で保証サービスに登録しておくのは欠かせないと言えるでしょう。月額たったの500円を支払っておくだけで、端末が壊れた時に無償で修理や交換をしてくれるのは大きいですよね?

ただし、登録できるのは楽天モバイルに申し込んだ時の1回きりなので注意してください。登録の際も、自分の申込内容に合わせて、間違えないように2つのサービスを選びましょう。

SIMカードと端末をセットで購入した方は、通常の端末保証サービスを。そして、SIMカードのみを購入した方はつながる端末保証を選びます。

楽天モバイルの保証は、たとえ自分の責任で端末を壊したとしても修理や交換ができるなど非常に親切にできているので、一度ご検討してみてはいかがでしょうか?

関連記事

simフリーって何?キャリアとは違うの?というあなたへ解説します

楽天モバイルで料金確認をしたい時はどうすればいい?手順をご紹介します

楽天モバイルを解約する方法を解説!解約金や注意点はコレ!

楽天モバイルのSIMサイズを変更する方法は?素早くお得に行う方法?

ドコモから楽天モバイルにMNPするときに解約金はかかる?注意点はコレ!

楽天モバイルの料金プランは業界トップクラスの安さ!おススメはコレ